Penélope Cruz

ペネロペ・クルス

1974年、スペイン・マドリード出身。妹は女優のモニカ・クルス。国立芸術院で9年間、ニューヨークで4年間、クラシックバレエや舞踊を学ぶ。1991年にフランスのテレビドラマに出演後、翌年、『ハモンハモン』で映画デビュー。『美しき虜』(1998年)でゴヤ賞主演女優賞を受賞。同年、『オール・アバウト・マイ・マザー』で国際的な人気を得る。2006年公開の『ボルベール〈帰郷〉』でカンヌ国際映画祭女優賞、ヨーロッパ映画賞最優秀女優賞を受賞。2008年、ウディ・アレン監督の『それでも恋するバルセロナ』でスペイン人女優として初めてアカデミー賞助演女優賞を受賞。英国アカデミー賞助演女優賞、ゴヤ賞助演女優賞を受賞するなど、スペイン人女優の先駆者的存在。

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第78回ヴェネツィア国際映画祭(Venice International Film Festival)】 9月1日のオープニングセレモニーに現れたのは、『Madres Paralelas(原題)』の主演を務めたペネロペ・クルス。彼女が選んだのは、やはりアンバサダーを務めているシャネル。ハイジュエリーコレクションよりブラックスピネル×ダイヤモンドの“カフェ ソサエティ”のブレスレットと、羽根モチーフの“プリュム ドゥ シャネル”のリング、それに合わせて、華やかな羽根の装飾が施されたロングドレスを着こなして。最終日、女優賞を受賞したお祝いの日には、“プリュム ドゥ シャネル”のリングとキルティングパターンを用いた“シグネチャー ドゥ シャネル”のイヤリングがお似合い! ©️CHANEL(シャネル カスタマーケア ☎0120-525-519)

READ MORE

ページトップへ