Sharon Stone

シャロン・ストーン

1958年、アメリカ・ペンシルバニア州出身。幼少時のIQが154と非常に高く、15歳で高校を卒業、奨学金を得て大学に進学するも中退。1980年にウディ・アレン監督作品『スターダスト・メモリー』で映画デビュー。1990年、『トータル・リコール』や1992年、『氷の微笑』に出演し、ブレイク。1996年、『カジノ』でゴールデングローブ賞主演女優賞、2004年、「ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル」でエミー賞ゲスト女優賞を受賞。2021年、回想録『The Beauty of Living Twice』を出版し、話題に。

METガラ2021:“イン・アメリカ:ファッションの辞書”

MET GALA 2021:“In America: A Lexicon of Fashion”

シャロン・ストーンの自信に満ちた美しさを引き立てるのは、花をかたどったショパールのエメラルド×ダイヤモンドのイヤリング。そのクラシックなハイジュエリーに合わせ、METガラの開催に合わせて4年ぶりにNYコレクションに戻ってきたトム ブラウンのドレスをセレクトして。ヘアとメイクは60年代に流行したスタイルをベースに80年代のパンク要素を加えたものだとか。相反するさまざまな要素が奏でるハーモニーを楽しめるのは、ベテラン女優だけ!? ©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

連日登場したシャロン・ストーンは、いずれもドルチェ&ガッバーナのドレス×ショパールのジュエリーにもかかわらず、見事にスタイルチェンジ!『A feleségem története(原題)』のプレミアでは、色とりどりの花が咲き誇る壮観なドレスに、合計20.74カラットのイエローダイヤモンドが煌めく“レッド カーペット コレクション 2021”のハートシェイプイヤリングを合わせて。60歳を超えた大女優だからこそ似合う無邪気で可憐なスタイリング。閉会式はトレーンがなびく純白のカスタムドレスに、ペアシェイプのダイヤモンドイヤリングでシャープな印象をキープ。堂々とした貫禄のある姿で締めくくった。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922 全身画像©Getty Images

READ MORE

ページトップへ