BVLGARI

ブルガリ

1884年、ギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリがローマで創業。ヘビを象った“セルペンティ”をはじめ、“ビー・ゼロワン”や“ブルガリ・ブルガリ”“ディーヴァ”など華麗でダイナミックなデザインが魅力。ジュエリーのほか、時計、バッグ、香水なども人気。

愛と運命のジュエリー 01 / 今、よみがえる。セレブが愛した至高のジュエリー、セレブを彩った伝説のジュエリー

エリザベス・テイラー×ブルガリ Elizabeth Taylor and BVLGARI

2011年に帰らぬ人となった、ハリウッドの至宝、エリザベス・テイラー。世紀の大女優の人生は、男性からの愛とジュエリーの輝きで満ちあふれていた。中でも5番目の夫、リチャード・バートンとの蜜月関係と、彼から贈られたブルガリのジュエリーは特別。リズの美と名声と愛の象徴であった。

  • 〈左〉プラチナ×エメラルド×ダイヤモンドのジュエリーは2人の愛の印。
  • 〈右〉新聞をチェックする2人。リズの耳にはドロップイヤリングが。

映画の撮影初日にローマで恋に落ちた2人。隠れ家はブルガリ

エリザベス・テイラーとリチャード・バートンの愛情関係は、『クレオパトラ』の撮影でローマに滞在した1962年に始まった。お互い伴侶がいたにもかかわらず、最初のシーン撮影後、すぐ恋に落ちたという。それは同時に、リズとブルガリの情熱的な関係の始まりでもあった。撮影の合間にコンドッティ通りのブルガリ本店を訪れたバートンが、リズに初めて贈った愛の印ーーそれは、7.4カラットのエメラルドをペアシェイプのダイヤモンドが取り巻く華麗なリング。やがてスターの情事の噂は世界中に広まるが、ブルガリ本店は2人のお気に入りの隠れ家となり、ジュエリーの輝きが密やかに愛の行方を見守ったという。


〈上〉1963年公開の映画『クレオパトラ』のポスター。ローマで長期間にわたる撮影が行われ、この撮影初日にリズとバートンは恋に落ちる。〈左〉セットで仲睦まじく話す2人。〈右〉撮影中に祝われたリズの誕生日。胸元には婚約記念に贈られたブルガリのブローチが。

花嫁、リズのイエローのウエディングドレスにエメラルドが輝く

ローマの撮影所で生まれ、ブルガリ本店で育まれたリズとバートンの愛は、遂に結婚に至る。1963年、婚約記念としてリズに贈られたのは、58年にブルガリが制作したブローチ。ブリリアントカットとペアシェイプのダイヤモンドがエメラルドを囲むデザインで、リズはこれを64年の結婚式で身に着けた。イエローのドレスの襟にグリーンの宝石が優雅に煌めき、小花の髪飾りも初々しい花嫁、リズ。その姿は多くの人々の記憶に刻まれたはず。さらにこの時、バートンが結婚記念としてリズに贈ったのが、そのブローチをペンダントトップとして装着できる、16個のエメラルドをあしらった見事なネックレスである。


〈上〉64年に晴れて結婚。2人の至福の時。〈左〉1963年、ロンドンで行われたプレミアにて。胸元には婚約記念のブローチが輝く。記者の質問も結婚の話題に及んだに違いない。〈右〉大スターのスキャンダルと結婚報道は常に新聞を賑わせた。

バートンの愛の印のジュエリーといつも一緒に

出会いを彩ったリング、婚約記念のブローチ兼ペンダントトップ、結婚を祝したネックレス。他にもリズはたくさんのギフトを贈られているはずだが、ブルガリのダイヤモンド×エメラルドのジュエリーは特別である。アカデミー賞を受賞した時も、記者会見の時も、2人でディナーに出向く夜も。時にはブローチだけ、ネックレスだけ、時にはすべて。長きにわたり愛を込めて身に着けた。リズにとってジュエリーとは純粋な幸福の源だったのだ。そんなリズが2002年、「エリザベス・テイラー・エイズ基金」のチャリティオークションのために手放したのが、リング。愛と幸福の印をシェアしようと決めたのである。


バートンから贈られたブルガリのジュエリーを、さまざまな時代&シーンで鮮やかに着けこなすリズ。2人の絆と彼女のジュエリースタイルの奥深さが見て取れる。1962年に出会い63年に婚約、64年に結婚。74年にいったん離婚するも、75年に再婚、76年に再離婚という目まぐるしい関係だったが、最も愛した夫と言われている。2011年、リズはバートンからの最後のラブレターと共に埋葬された。

ブルガリがクリスティーズで買い戻した後の2013年、LAで行われた「エリザベス・テイラー・コレクション」にて。ジュリアン・ムーアが件のネックレスをまとってご満悦。大物セレブもリズのジュエリーには圧倒されて。

よみがえる、リズの華麗なる人生とジュエリー

2011年3月に79歳で他界したエリザベス・テイラー。2度もオスカーを手にし、8回の結婚を繰り返した大女優の人生は、まさにジュエリーのように華麗だった。同年6月、クリスティーズが彼女のプライベートコレクションの競売を開催。ブルガリは、バートンがリズに贈ったジュエリーを含む7点を買い戻した。60年余の時を経てローマの隠れ家に戻ってきた愛の印は、その後、各国で開催された「エリザベス・テイラー コレクション」で披露された。また、2014年にはリズの崇高な美しさと輝きにインスパイアされた“ディーヴァ”コレクションもデビュー。亡くなってもなお、リズとブルガリとの絆は、深まるばかりである。


〈左〉映画『クレオパトラ』でのリズは女優としても絶頂期。〈右〉リズの崇高な美しさにインスパイアされた“ディーヴァ”コレクションのキャラクターは、カーラ・ブルーニ・サルコジ。

ページトップへ