Maggie Gyllenhaal

マギー・ギレンホール

1977年、アメリカ・ニューヨーク出身。父親は映画監督スティーヴン・ギレンホール。コロンビア大学、ロンドン王立演劇学校で学ぶ。1992年に父親の作品『秘密』でデビュー。2002年公開の『セクレタリー』でゴールデングローブ賞主演女優賞の候補となり、注目を集める。2008年には『ダークナイト』に出演、翌年『クレイジー・ハート』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされるなど活躍。俳優以外の活動では、ミュウミュウやリーボックの広告モデルを務めた。

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【番外編② 第74回カンヌ映画祭 ディオールディナーパーティ】 コロナ禍の影響で、今年は通年より約2カ月遅れて行われたカンヌ映画祭。会期中にさまざまなイベントが行われるなか、マギー・ギレンホールがショパールの華やかなイヤリングを着けて登場したのは、7月10日のディナーパーティ。蘭をモチーフにした立体的なイヤリングは、まるで香り立つような精巧さで、カラーチタン、ダイヤモンド、ツァボライト、オパール、モーヴ(藤色)ガーネットで構成されたニュアンスのある色味が美しい。可憐な花刺繍入りのディオールのドレスとの相性も、もちろん計算済み。 ©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

審査員として連日大忙しだったマギー・ギレンホールのスタイリングにはショパールが欠かせない様子。初日はプリーツのケープ付きのセリーヌのドレスに、“プレシャス レース”のフープピアスを合わせ、オールバックヘアでマチュアな魅力を漂わせて。シャネルのシャツにダイヤモンドのイヤリングを合わせた日は、リップとのコントラストがポイント。いよいよ最終日のドレスはグッチ。シルクのキャミソール×朱色のスカートに、イエローダイヤモンドのイヤリングでモダンに仕上げ、ブルーの瞳ともマッチ。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922  全身画像©Getty Images

READ MORE

ページトップへ