Julianne Moore

ジュリアン・ムーア

1960年、アメリカ・ノースキャロライナ州出身。ボストン大学で演劇を専攻しウェイトレスで生計を立てながらオーディションを受け、1985年にTVのソープオペラ出演で女優デビュー。1993年、ロバート・アルトマンに認められ『ショート・カッツ』に出演し好評を博し、ベスト・アンサンブル・キャスト賞の1人としてゴールデングローブ賞を受賞。2014年に出演した『アリスのままで』でアカデミー賞、ゴールデングローブ賞の主演女優賞を獲得。控え目な中に凛とした強さを秘めた美しさがファッション・デザイナーたちに人気で、カール・ラガーフェルドやトム・フォードが敬愛する女優として有名。

第75回カンヌ国際映画祭

The 75th Festival de Cannes

オープニングセレモニー『キャメラを止めるな!』の上映会で、ブルガリの新作ハイジュエリーコレクション“エデン ザ ガーデン オブ ワンダーズ”を披露したのはジュリアン・ムーア。センターに33.53カラットもの大粒のエメラルドを配し、エッフェル塔からインスパイアされたモチーフで縁取られたネックレスと、11.38カラットのコロンビア産エメラルドのリングをセレクト。ボッテガ・ヴェネタのシンプルなブラックドレスに映える、ベテラン女優の堂々たる着けこなしが見事! ブルガリ ジャパン 03-6362-0100

READ MORE

第71回カンヌ国際映画祭

The 71st Festival de Cannes

大女優の風格十分のジュリアン・ムーアは、ショパールのジュエリーと最旬モードをドッキングさせて、見事な着こなしを披露。サンローランの構築的な黒のドレスの胸元には、“グリーン カーペット コレクション”より、34カラットのパライバトルマリン×ハートシェイプダイヤモンドのネックレスを。ジバンシシィの真っ赤なドレスには、プラチナ×24.89カラットのダイヤモンドのロングイヤリングを合わせて。前者は彼女が共同デザインを試みたものだというから、映画祭後も話題はさらに広がりそう。 アップ写真、黒ドレス写真©Chopard (ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) 全身写真©Getty Images

READ MORE

第70回カンヌ国際映画祭

The 70th Festival de Cannes

ジュリアン・ムーアはショパールと蜜月関係。初日のジバンシィの赤いドレスには、ルビーとダイヤモンドのジュエリーをコーディネート。翌5月18日は、フェザー付きのシャネルの白いドレスに合わせて、14.89カラットのダイヤモンド煌めくフープタイプのイヤリングを投入。たおやかさとゴージャス感をミックス。続く19日は、34.12カラットという華麗なダイヤモンドのシャンデリアイヤリングを披露。ルイ・ヴィトンのモダンなドレスに映えて。(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) 写真すべて©Chopard

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

シャネルのオートクチュールのドレスにショパールのジュエリーというお気に入りの組み合わせ。でも、必ず違う見せ場を演出するのがジュリアン・ムーアのすごいところ。パヴェセッティングのダイヤモンドイヤリングの豪華さはもちろん、曲線を巧みにデザインに取り入れたエメラルドのリングに注目。昨年の女王の輝きは今年も衰えず。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

昨年の覇者、ジュリアン・ムーアはプレゼンターとして登場。それ自体が宝石のようにグラマラスなスパンコールドレスはトム・フォードのデザイン、人差し指に輝く12カラットのダイヤモンドリングはショパール。ミッドナイトブルーのドレスとエメラルドカットのダイヤモンドのコントラストは、夜空の星さながら。トム・フォード本人との2ショットも豪華!(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ⒸJordan Strauss/Invision/AP/Aflo

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

ゴールデングローブ賞とアカデミー賞を制したジュリアン・ムーアのスタイルは、米国の式典よりリラックス&エレガントムード。オープニングでは、大きなエメラルドのイヤリングをアクセントに、深く開いた胸元はノーネックレスで、余裕を感じさせて。ジュエリーはショパール、黒×グレーのドレスはアルマーニ プリヴェのもの。 Photo: Getty Images

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のプレミアでは、ジバンシィの真紅のミューズドレスで登場したジュリアン・ムーア。オープニングで着けたエメラルドに変わり、同じショパールでもダイヤモンドのイヤリングを選択。厳かで貴族的なムードを基調に、スパイスとしてジュエリーを取り入れるのが彼女のカンヌスタイル。 Photos: Getty Images, Broadimage/Aflo, Getty Images

READ MORE

第72回ゴールデングローブ賞

The 72nd Golden Globe Awards

『アリスのままで』で主演女優賞を手にして最高の笑顔を見せるジュリアン・ムーア。ダイヤモンドのブレスレット&リングはショパール、シルバーのスパンコールドレスはジバンシィのオートクチュール。素材の質感を重視して、色はワントーンでまとめた装いが、女王のオーラと神々しいトロフィーでグラマラスに輝いて。 Photos: Getty Images

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

シャネルのオートクチュールドレス&ショパールのジュエリーを選んだのは、ゴールデングローブ賞に続き主演女優賞を手にしたジュリアン・ムーア。ドレスは制作になんと987時間を要し、8万個のスパンコールがあしらわれているとか。ダイヤモンドがゴージャスに円を描くイヤリングが、静かな華やかさでオスカー受賞を祝福! Photo: Getty Images

READ MORE

ページトップへ