CHOPARD

ショパール

1860年、時計職人ルイ=ユリス・ショパールが、スイスのソンヴィリエ村に工房を創設。1937年、ジュネーブに本拠地を移転。1963年、ドイツ人のカール・ショイフレが買収後、国際ブランドとして地位を確立。ダイヤモンドが動く“ハッピーダイヤモンド”はアイコン的コレクション。

第94回アカデミー賞

The 94th Academy Awards

ショパールのグリーンのジュエリー&キャロリーナ ヘレラのイエローのドレスというヴィヴィッドなコントラストを楽しんでいるのは、プレゼンターのハー。計49.24カラットのエメラルドと計62.15カラットのダイヤモンドがあしらわれたネックレスを主役に、ハートシェイプのエメラルドのスタッズピアス、グリーントルマリンとダイヤモンドのリング、エタニティリングでポップさと上品さを兼ね備えたスタイリング。さらにサングラスとパープルのアイライナーで、彼女のアバンギャルドな魅力も忘れずスイッチオン。 ショパール  ジャパン プレス ☎03-5524-8922 全身画像©Getty Images

READ MORE

第94回アカデミー賞

The 94th Academy Awards

2019年の作品『ジュディ 虹の彼方に』での好演が記憶に新しいジェシー・バックリーは、今年『ロスト・ドーター』で助演女優賞に初ノミネート! 彫刻のように端正な横顔を美しく飾るイエローダイヤモンドのイヤリングは、ショパールのハイジュエリーコレクションのもの。さらにホワイトダイヤモンドのリングを控えめに投入し、さりげない変化球を楽しんでいる様子。そしてアーデムの淡いピンクのドレスとショートボブヘアでモード感を加速。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922 全身画像©Getty Images

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第34回東京国際映画祭(Tokyo International Film Festival)】 10月末から10日間、今年は六本木から銀座エリアにメイン会場を移して開催に至った東京国際映画祭。コンペティション部門の審査委員長、イザベル・ユペールが、コロナ禍にありながらも来日を果たし、一層の盛り上がりを見せた。レッドカーペットでは黒のドレス+ダイヤモンドのスタイルが最近のお気に入りのよう。今回は身体にフィットしたミニドレスに、計32.65カラットのファンシーカットのダイヤモンドをあしらった大ぶりのイヤリングと、グローブの上から3つのダイヤモンドブレスレットを着用。それらのジュエリーをすべてショパールからチョイスし圧倒的な存在感を放って。 ショパールジャパンプレス ☎03-5524-8922

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第78回ヴェネツィア国際映画祭(Venice International Film Festival)】 レッドカーペット常連のジェシカ・チャステインも、9月4日の『Competencia Oficial(原題)』の上映会に参加。ショパールの“レッド カーペット コレクション 2019”より、イエローダイヤモンド×ホワイトダイヤモンドのリュクスなネックレスを主役に、ダイヤモンド×ルベライトのリングでさらに華を添えて。クリスタルが刺繍されたアトリエ ヴェルサーチェのドレスともマッチし、どこから見ても美しい姿で周囲を圧倒。 ©Getty Images

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第73回エミー賞(Emmy Awards)】 「ワンダヴィジョン」の好演が認められたエリザベス・オルセンは、9月19日の第73回エミー賞にて、リミテッドシリーズ・TV映画部門主演女優賞に初ノミネート。笑顔で喜びをかみしめるその耳元には、チタンに68.77カラットのダイヤモンドがあしらわれたショパールのシャンデリアイヤリングがドラマティックに揺れる。さらに3本のリングも両手にバランスよく配して。ドレスは、人気ブランド、ザ・ロウを手がける双子の姉、メアリー=ケイト&アシュレー・オルセンが特別にデザインした一着。フレッシュ&スタイリッシュな魅力が全開! ©Getty Images

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【番外編② 第74回カンヌ映画祭 ディオールディナーパーティ】 コロナ禍の影響で、今年は通年より約2カ月遅れて行われたカンヌ映画祭。会期中にさまざまなイベントが行われるなか、マギー・ギレンホールがショパールの華やかなイヤリングを着けて登場したのは、7月10日のディナーパーティ。蘭をモチーフにした立体的なイヤリングは、まるで香り立つような精巧さで、カラーチタン、ダイヤモンド、ツァボライト、オパール、モーヴ(藤色)ガーネットで構成されたニュアンスのある色味が美しい。可憐な花刺繍入りのディオールのドレスとの相性も、もちろん計算済み。 ©Getty Images

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【番外編③第74回カンヌ映画祭 amfARガラ】 カンヌ映画祭で7月16日に開催された恒例の米国エイズ研究財団(amfAR)のガラ。ホストを務めたシャロン・ストーンが、ラインストーン煌めくラベンダーカラーのドレスに合わせて選んだのは? なんと前出のマギー・ギレンホールと同じデザインの、ショパールの蘭のイヤリング! とはいえ、使われている素材が少しだけ異なり、しかも着け方によってこんなに違う印象になるとはびっくり。チタンにダイヤモンド、ツァボライト、オパール、そしてシャロンのイヤリングにはピンクサファイアが使われており、まるで生花のブーケのよう。ベテランにもかかわらずいつもフレッシュな笑顔のシャロンにぴったり。 ©Getty Images

READ MORE

METガラ2021:“イン・アメリカ:ファッションの辞書”

MET GALA 2021:“In America: A Lexicon of Fashion”

シャロン・ストーンの自信に満ちた美しさを引き立てるのは、花をかたどったショパールのエメラルド×ダイヤモンドのイヤリング。そのクラシックなハイジュエリーに合わせ、METガラの開催に合わせて4年ぶりにNYコレクションに戻ってきたトム ブラウンのドレスをセレクトして。ヘアとメイクは60年代に流行したスタイルをベースに80年代のパンク要素を加えたものだとか。相反するさまざまな要素が奏でるハーモニーを楽しめるのは、ベテラン女優だけ!? ©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

連日登場したシャロン・ストーンは、いずれもドルチェ&ガッバーナのドレス×ショパールのジュエリーにもかかわらず、見事にスタイルチェンジ!『A feleségem története(原題)』のプレミアでは、色とりどりの花が咲き誇る壮観なドレスに、合計20.74カラットのイエローダイヤモンドが煌めく“レッド カーペット コレクション 2021”のハートシェイプイヤリングを合わせて。60歳を超えた大女優だからこそ似合う無邪気で可憐なスタイリング。閉会式はトレーンがなびく純白のカスタムドレスに、ペアシェイプのダイヤモンドイヤリングでシャープな印象をキープ。堂々とした貫禄のある姿で締めくくった。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922 全身画像©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

『Tre Piani(原題)』のプレミアに現れたベラ・ハディッドのドレスはスキャパレリのもので、なんと“肺”をモチーフにしたアクセサリー付き。でもシュールになりすぎず、美しいアート作品のように昇華できたのはクラシックなショパールのイヤリングのおかげ。そして開会式と『Annette』のプレミアには、計18カラット以上のダイヤモンドを配した同じくショパールのイヤリングを、ジャンポール・ゴルチエのホールターネックのドレスに合わせて登場。ノスタルジックなヘアスタイル&シャープな頰のシェイプとジュエリーのバランスも完璧! ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922 全身画像©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

女優で監督のジョディ・フォスターは、長年の映画界での功績が讃えられ、パルム・ドール・ドヌールを受賞!ショパールのホワイトダイヤモンドを白のドレスに合わせ、フレッシュムード全開。22.01カラットのペアシェイプダイヤモンドのイヤリングと、10.76カラットのダイヤモンドリングが、華美になりすぎないナチュラルなヘアスタイルとも相まって知性派の彼女を引き立てる。ドレスにちりばめられたビジューの装飾と肩のシャープなカットアウトが印象的なドレスはジバンシィのオートクチュール。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922 全身画像©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

審査員のメラニー・ティエリーは連日抜け感たっぷりのドレスアップ。『フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊』の試写会ではシースルーのグリーンのドレスに、大粒のペアシェイプダイヤモンドが連なるイヤリングを左耳に2つ着用し、知的かつエレガントさを演出。翌日の『Tralal(原題)』プレミアではセクシーなスリップドレスにフープピアス、ヴィヴィッドなブルーのアイシャドウで90年代風ディスコスタイル。閉会式はヴァレンティノのオーバーシャツに、ジャポニズムを思わせる波モチーフのハイジュエリーリングをセレクト。すべてショパールのジュエリーで彩って。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922 グリーンのドレス画像©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

審査員として連日大忙しだったマギー・ギレンホールのスタイリングにはショパールが欠かせない様子。初日はプリーツのケープ付きのセリーヌのドレスに、“プレシャス レース”のフープピアスを合わせ、オールバックヘアでマチュアな魅力を漂わせて。シャネルのシャツにダイヤモンドのイヤリングを合わせた日は、リップとのコントラストがポイント。いよいよ最終日のドレスはグッチ。シルクのキャミソール×朱色のスカートに、イエローダイヤモンドのイヤリングでモダンに仕上げ、ブルーの瞳ともマッチ。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922  全身画像©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

隙のないクールなレッドカーペットスタイルのイザベル・ユペール。バレンシアガのドレスに、タイツ、パンプスまでブラックのワントーンでまとめ、ダイヤモンドのラウンドイヤリング、袖の上にブレスレット、さらにサングラスをプラスする技アリ。一方、ヴァレリー・ルメルシェ監督『Aline(原題)』のプレミアでは、ルイ・ヴィトンのゴージャスな刺繍のドレスに、ダイヤモンドでレースを模したハイジュエリーのピアスで仕上げて。いずれもジュエリーはショパールのもの。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

ヨアヒム・ラフォセ監督『Les Intranquilles(原題)』プレミアにて。Netflixのドラマ「エミリー、パリに行く」のカミーユ役でおなじみのフランス女優、カミーユ・ラザのスタイリングの主役は、ショパールのリーフモチーフのハイジュエリーイヤリング。全身にシャーリングが配されたバルマンのパワーショルダードレスや、曲線的でユニークなバングスも、すべてはジュエリーを引き立てるため。 ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922 引き画像©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

カーラ・ブルーニは、サンローランのミニマムなブラックドレスに映えるジュエリーをセレクト。合計で169.36カラットのダイヤモンドが輝くネックレスをはじめ、ブレスレット、リングはすべてショパール。一見シンプルなコーディネートかと思いきや、レッドカーペットに登場した7月10日はサッカーUEFA Euro 2020決勝戦だったこともあり、エメラルド×ルビーのリングでイタリアの国旗カラーを演出。元フランスのファーストレディだけれど、実はイタリア出身の彼女。よく見るとネイルもイタリアン・カラーでさり気なく母国への愛をアピール? ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922

READ MORE

第93回アカデミー賞

The 93rd Academy Awards

映画『Judas and the Black Messiah(原題)』の主題歌「Fight for You」で歌曲賞を受賞したハー。右手中指には6.91 カラットのブルーサファイア、左手には12.649カラットのパープル・スピネルのリングをオン。いずれもショパールのもので、その手にはリングとは違う輝きを放つトロフィーが。ジュエリーと見事に調和するデュンダスのシアー素材のジャンプスーツが、ヘルシーかつセンシュアルな存在感を引き立てて。フードのルックは1985年のアカデミー賞に登場したプリンスへのオマージュとか。 ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922

READ MORE

第93回アカデミー賞

The 93rd Academy Awards

ユン・ヨジョンはアメリカに農場を開く韓国系移民一家を描いた『ミナリ』で、韓国人初の助演女優賞を見事獲得。この重要な日を輝かせたのは、ショパールのジュエリーたち。5.11カラットのダイヤモンドイヤリング、21.15カラットのサファイアリング、そしてひときわ目を引くブレスレット。エジプト出身のデザイナー、Marmar Halimのシンプルなドレスに合わせ、たおやかに自然体の魅力を披露。名前を呼び間違えたプレゼンターのブラッド・ピットにもユーモアで返し、会場の笑いを誘った。 ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922

READ MORE

第93回アカデミー賞

The 93rd Academy Awards

『ファーザー』で助演女優賞にノミネートされたオリヴィア・コールマン。ペアシェイプダイヤモンドを贅沢にあしらったショパールのドロップイヤリングで女優オーラに拍車をかけて。同じくショパールのリングは、その名の通り、レースのように繊細な曲線を織り成すハイジュエリー“プレシャス レース コレクション”のもの。それらが、ディオールのオートクチュールドレスの赤と見事にマッチし、レッドカーペット常連の貫禄あるスタイルを披露。 ジュエリー画像(ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922 ©Getty Images

READ MORE

第93回アカデミー賞

The 93rd Academy Awards

アンジェラ・バセットは、ショパールのイヤリングを主役にコーディネート。ホワイトゴールドにセットされたルビーは合わせて28カラット以上、ダイヤモンドは合計9カラットを超えるそう。すれ違いざまに肩が触れそうな大きなショルダーデザインのドレスは、アルベルタ フェレッティによるカスタムメイド。ソーシャルディスタンスを保たなければいけない今の時代にはぴったりかも⁉ ショパール ジャパン プレス 03-5524-8922

READ MORE

第78回ゴールデングローブ賞

The 78th Golden Globe Awards

ドルチェ&ガッバーナのロングドレスを着こなし王道のスタイルで登場したプレゼンターのキャサリン・ゼタ=ジョーンズ。イヤリングは、ショパールのオートクチュールコレクションからイエローダイヤモンドをセレクト。栄誉を讃えて拍手を送る指元には同じくショパールの5.73カラットのダイヤモンドリングが。これはマリオン・コティヤールがショパールとコラボしたカプセルコレクション“アイスキューブ カプセル byマリオン・コティヤール”のもので、2つのリングを5カラットのプリンセスカットのダイヤモンドがつなぐデザイン。ソリテールの常識を破るモダンなデザインだが、現在51歳とは思えないキャサリンの美しさも、まさに常識破り⁉ 結婚生活20年を迎えた夫のマイケル・ダグラスとも仲むつまじい様子。 ©Getty Images

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈後編〉

Awards Around the World in 2020 <Part2>

【第77回ヴェネツィア国際映画祭(Venice International Film Festival)】 ヴェネツィア国際映画祭といえば、船の移動が風物詩。船着き場からオープニング作品『Lacci(原題)』の上映会場まで歩くテイラー・ヒルは、エトロのボーホードレス+同柄のマスクで、2020年ならではのスタイル。緊張が続く世界に癒やしを与えるようなそのペイズリー柄にお似合いなのは、ルビーがまばゆいショパールのネックレス。『Amants(原題)』の試写会には同じくエトロのブルーのドレスとショパールのサファイア、さらにブルーのアイメイクで、ワントーンのコーディネートが完成。ルビーの赤とサファイアの青の対照的な着けこなし、どちらがお好み? ©Getty Images

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈後編〉

Awards Around the World in 2020 <Part2>

【第72回エミー賞(Emmy Awards)】 中継先の特設会場から参加したのは、リミテッド・シリーズ部門の「リトル・ファイアー〜彼女たちの秘密」で主演女優賞にノミネートされたケリー・ワシントン。エキゾティックな彼女の雰囲気にお似合いなのが、ショパールのエメラルドのイヤリングとリング。スパンコールで装飾されたレオパード柄のドレスはドルチェ&ガッバーナのもの。主張の強いドレスも、明るいグリーンがアクセントカラーとなりバランスのとれたクールな着こなしに。モードなボブヘアと赤みのあるリップカラーも、ケリーの魅力を引き立てて。 ©Getty Images

READ MORE

第92回アカデミー賞

The 92nd Academy Awards

プレゼンターのレア・セドゥは、オーガニック素材を使ったルイ・ヴィトンのドレスに、ショパールの“プレシャス レース コレクション”のイヤリングを合わせて。弧を描くようにダイヤモンドを配したデザインで、動くたびにかすかに肌が透けて見え、まさに繊細なレースのよう。さらに手元には、5.65カラットのラウンドブリリアントカットのダイヤモンドリングを投入。ラグジュアリーとサステイナビリティを両立させたスタイリングが完成! ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922

READ MORE

2019年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2019

【第32回東京国際映画祭】 日本はもちろん、中国、フランス、フィリピンなどの作品も選ばれ、多様性が反映された東京国際映画祭。審査委員長のチャン・ツィイーはこの時、妊娠7ヶ月! その幸せな笑顔を引き立てるのはショパールの逸品だ。揺れるイヤリングには、ブリリアントカットの原型、“ローズカット”のダイヤモンドを使用。手を振る指元には“コパカパーナコレクション”のサファイアのリングがドラマティックに輝く。さらに計282.79カラットのサファイアが、ダイヤモンドと優美なグラデーションを描くネックレスで、六本木のステージがにわかに華やかに。10月28日から11月5日まで開催。 ジュエリー画像©Chopard(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)  ©Getty Images

READ MORE

第72回カンヌ国際映画祭

The 72nd Festival de Cannes

最年少審査員として参加したエル・ファニング。日によって全く違う“ショパール・スタイル”を披露した。8日目は現代版ニュールック。袖がふんわりと広がったディオールのブラウスと、その袖口の上につけたブレスレットがポイント。初日はクラシックなダイヤモンドイヤリングを主役に、グッチのパワーショルダードレスでモダンさもプラス。ショパール主催のパーティで見せたエルお得意の姫ルックでは、ハート付きブレスレットでとことん可愛らしく! ©Chopard(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第72回カンヌ国際映画祭

The 72nd Festival de Cannes

レア・セドゥは、主演した『Oh Mercy!(英題)』の上映会に、共演者と楽しげに登場。2連のダイヤモンドが艶やかなオーバル形を描くイヤリング、左手に燦然と輝くサファイア×ダイヤモンドのリングはショパールのもの。洋服とジュエリーを完璧にリンクさせ、ルイ・ヴィトンのサファイアブルーのパンツ&ビジュー刺繍入りビスチェを選ぶあたりに、オシャレ上級者の技が光る。さらに、ワンカールさせたボブヘアや真っ赤なリップでコケティッシュな魅力も全開に! ©Getty Images

READ MORE

第72回カンヌ国際映画祭

The 72nd Festival de Cannes

映画界に貢献した著名人だけに与えられる、栄誉あるマスタークラス(特別講義)への参加資格を、アジア人として初めて獲得したチャン・ツィイー。ショパールの卓越した技巧が織りなすハイジュエリーで堂々と登場! 黒のシースルードレスにダイヤモンドイヤリングのコーディネートは8日目。別日は“ガーデン・オブ・カラハリ”のイヤリングとリング。最終日はがらりと印象を変え、ダイヤモンドのネックレス、ブレスレット、リングをモニーク・ルイリエのビジュー刺繍入りドレスに合わせて。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第72回カンヌ国際映画祭

The 72nd Festival de Cannes

クエンティン・タランティーノ監督作品『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』に出演した試写会に参加したダコタ・ファニング。サッシュベルトがポイントのアルマーニのドレスに、ショパールのイエローダイヤモンドのネックレス&イヤリングを巧みにコーディネート。まるで全身に花が咲いたような可憐な組み合わせなのに、可愛くなりすぎないのは、ペアシェイプのダイヤモンドが醸し出すクラシックな薫りのおかげ。歴史ある映画祭には、こんな王道エレガントが正解。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

第72回カンヌ国際映画祭

The 72nd Festival de Cannes

真っ赤なリップと眩いブルーサファイアのチョーカーに目を奪われるその主は、アメリカン・バーレスクスター、ディータ・フォン・ティース。縦に連なるダイヤモンドイヤリングもチョーカーと同じく、ショパールの“プレシャス レース”コレクションからセレクト。アレクシ・マビーユの魅惑的なチュールドレスでセクシーに演出して。官能的でありながら、人形のように無垢な魅力は、46歳(!)になっても健在。 アップ画像©Chopard(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)   ©Getty Images

READ MORE

METガラ2019 “キャンプ:ファッションについての覚書”

MET GALA 2019: “Camp: Notes on Fashion”

カナダ出身でジャマイカの血を引くモデル、ウィニー・ハーロウはボディ全体にビジューを施したトミー ヒルフィガーのドレスと孔雀のようなヘッドピースで登場。露わにした皮膚も衣装の一部のように美しく映える。そこに、ダブルで垂れ下がるショパールのドロップイヤリングとネックレスを投入し、全身の煌めきにレトロで貴族的なムードをプラスして。ウィニーらしさあふれる華麗なトータルコーディネート。 ©Getty Images

READ MORE

METガラ2019 “キャンプ:ファッションについての覚書”

MET GALA 2019: “Camp: Notes on Fashion”

ミス・ワールド優勝者、「世界一の美女」とお墨付きのプリヤンカー・チョープラーは、ボンバーヘアに鳥かごのような王冠、ディオールのドレスで思い切り楽しんでいる様子。主役はショパールの“コパカバーナ”のイヤリング。さらに“ハッピーダイヤモンド”のネックレス、“オート・ジュワイアリー”のチタン×ダイヤモンドのブレスレットでCampなエレガントさも忘れない。イヤリングのピンクサファイアに合わせた赤紫のリップや、インドのビンディのような額のアクセントも彼女らしい! ©Getty Images

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

オリヴィア・コールマンは『女王陛下のお気に入り』で初ノミネートにして主演女優賞を獲得! 感動のスピーチ中、緊張感からか、10カラット超のダイヤモンドリングを何度も触っていたのが印象的だ。幸運をもたらしたそのジュエリーは、ショパールのもの。左耳にはカフとピアスがつながった精巧な細工のイヤリングが輝き、軽快なショートヘア、シックなグリーンのプラダのドレスとも好相性。オスカー女優が選んだジュエリーは、まさに“女王オリヴィアのお気に入り”。 ©Getty Images

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

『ビール・ストリートの恋人たち』で初ノミネートにして助演女優賞を受賞し、喜びを爆発させたレジーナ・キング。オスカー像を持つ手にはショパールの10.51カラットのダイヤモンドリングが燦然と輝く。褐色の肌に映えるホワイトゴールドのブレスレットは、大小異なるダイヤモンドが連なった繊細なデザインが見事。スリットが大胆に入ったオスカー・デ・ラ・レンタのドレスに合わせ、拍手喝采を浴びた。 ジュエリー写真©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第76回ゴールデングローブ賞

The 76th Golden Globe Awards

前回の主演女優賞受賞者で、今回はプレゼンターを務めるシアーシャ・ローナンが選んだのは? その堂々たる存在感にふさわしいショパールのジュエリー。ブルーグリーンの瞳に似合うエメラルド×ダイヤモンドのイヤリングと、さりげなく合わせた3連のダイヤモンドリングが大人の雰囲気を醸し出す。透明感のある白い肌に溶け込む、ホワイトゴールドの地金もエレガント。グッチの深いVネックのヌーディーなドレス、切りっぱなしボブヘアでモードに仕上げて。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)

READ MORE

第76回ゴールデングローブ賞

The 76th Golden Globe Awards

ジュリア・ロバーツは、ショパールのジュエリーでセンスの違いを見せつけて。計26.45カラットのペアシェイプのダイヤモンドが揺れるイヤリング+無造作な巻き髪は、気取りすぎず、とっても今の気分。さらに“プレシャスレース”コレクションより、連なるペアシェイプのダイヤモンドが曲線を織り成すブレスレットをさらりとプラス。ステラ マッカートニーのシックなパンツスーツに合わせ、賞レース常連の余裕を感じさせるスタイリッシュさを見せた。今回はテレビドラマ部門「Homecoming(原題)」で主演女優賞にノミネート。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第75回ヴェネツィア国際映画祭Venice International Film Festival】ヴェネツィアで話題をさらった人といえばレディー・ガガ。1937年製作の映画、4度目のリメイク『アリー/スター誕生』で初主演を果たし、8月31日のプレミアではスタンディングオベーション! 装いは、フェザーがふんだんにあしらわれたヴァレンティノのドレス+ショパールのイヤリングで、まさに30年代の銀幕のスターのよう。7カラットのペアシェイプと2.5カラットのラウンドカットダイヤモンドがセットされたイヤリングは、王道かつ完璧なチョイス。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第75回ヴェネツィア国際映画祭Venice International Film Festival】ナタリー・ポートマンが披露した印象的なイヤリングは、エシカルを打ち出したショパールの“グリーンカーペットコレクション”より。エシカルゴールドとダイヤモンドが月桂樹の冠のように連なり、清廉と輝きを放つ。指には4カラットのハートシェイプダイヤモンド。肩を強調したグッチの華麗なドレスとともに、いつもとはひと味違う“攻め”の着こなしで、ヴェネツィアのベストドレッサーとの呼び声も高し! ©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第75回ヴェネツィア国際映画祭Venice International Film Festival】ロサンゼルスでもカンヌでも、ここヴェネツィアでも冴えた、ケイト・ブランシェットのジュエリースタイル。8月31日は、計18カラットのダイヤモンドがまさにシャンデリアのように煌めくイヤリングと、センターに4カラットのハートシェイプダイヤモンド、サイドにダイヤモンドとサファイアもあしらわれたリングをまとって。アルマーニ プリヴェのフェザー付きドレスとの相性も抜群! 洗練を極めたその美しい姿はさすがの一言。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第75回ヴェネツィア国際映画祭 Venice International Film Festival】翌9月1日は、耳元に重厚感のあるサファイア×ダイヤモンドのイヤリングを投入。ケイト・ブランシェットのジュエリーはこの日もショパールで、指元には“アニマル・ワールド”コレクションから、スネークを象ったリングをセレクト。前日よりもややミステリアスなムードを強調している。ゴールドを利かせた構築的なワンショルダードレスも、前日に続きアルマーニ プリヴェ。品格とエレガンスはこの日も群を抜いていた。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第75回ヴェネツィア国際映画祭 Venice International Film Festival】イタリア出身のトップモデル、ビアンカ・バルティだからこそ、自国ヴェネツィアで終始リラックスムードをキープ。“プレシャス ショパール”コレクションより、胸元には、繊細なオープンワークが美しいダイヤモンドのネックレスを、耳元にはルビー×ダイヤモンドが編み込まれたようなイヤリングをチョイス。白いシャツ+ティアードタイプの真っ赤なスカートに合わせ、情熱的で陽気なラテンのオーラをまとって。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第43回トロント国際映画祭Toronto International Film Festival】ヴェネツィアの興奮も冷めやらぬ9月6日、華やかなオープニングを迎えたトロント国際映画祭。ここカナダでもレディー・ガガの『アリー/スター誕生』は話題の的。そしてこの日、ヒロインが選んだショパールの大ぶりのイヤリングにも熱い視線が! 端正にカットされたダイヤモンドをいくつも組み合わせ、ドラマティックに作り上げられている。ボリュームのあるシースルーの袖が印象的なドレスはアルマーニ プリヴェのもの。 ©Getty Images

READ MORE

2018年パーティ総まとめ

Various Parties in 2018

2018年5月に行われた第71回カンヌ国際映画祭にてショパールのシークレットパーティに参加したルピタ・ニョンゴは、レッドカーペットとは一味違う、抜け感あるスタイルを披露。ダイヤモンドが煌めく大きなフープピアスとイエローダイヤモンドが光るリングを、蝶が羽を広げたようなピンクのプラダのドレスに合わせて。格式高い授賞式でも、モードなヘアスタイルで決めるパーティでも、ショパールはルピタの強い味方のよう。 ©Getty Images

READ MORE

2018年パーティ総まとめ

Various Parties in 2018

ショパール シークレット ナイトの会場は、1955年のヒッチコック作品『泥棒成金』の舞台となった、ネオ・パラディオ様式の美しいシャトーと庭園。黒・マスク・ダイヤモンドというドレスコードが、ゲストの魅力をさらに引き出す。中でも、マリオン・コティヤールの豪奢なネックレスとヴァレンティノの黒のドレスの組み合わせは、最高にエレガントかつミステリアス。現代版ヒッチコック映画があるなら、ヒロイン抜擢は間違いナシ! ©Getty Images

READ MORE

第71回カンヌ国際映画祭

The 71st Festival de Cannes

審査員長を務めたケイト・ブランシェット。ドレスはメアリー・カトランズのもので、同じ柄なのに、右半身がモノトーン、左半身はカラフルな花プリントになっている。動きや見る角度によってまったく違う印象を与える、アートな“ドレスの花畑”に吸い寄せられるように、指に止まる蝶のリングはショパールのハイジュエリー。鮮やかな色彩が特徴のチタン製で、右手にはパープル、左手にはピンクとイエローと、3匹が優雅に羽を広げて……。ケイト自身も、まるでレッドカーペットに軽やかに舞い降りた蝶のようにエレガント。 引き写真2枚©Chopard (ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)   アップ写真©Getty Images

READ MORE

第71回カンヌ国際映画祭

The 71st Festival de Cannes

連日、異なる装いで登場するケイト・ブランシェットが、ある日選んだ特別なドレスとは? 実は2014年のゴールデングローブ賞で着用したアルマーニ プリヴェのもの(後ろ向き写真)。大女優が国際的な舞台で“以前着たドレスで再登場する”という、サステイナブルな姿勢をアピール! とはいえ、ジュエリーはショパールが1年以上かけて制作したという、蘭モチーフの新作。別日には、黒のワンショルダードレスにはカラフルなイヤリング、タキシードドレスにルビーのイヤリングを披露。黒のベアトップパンツスーツに合わせたダイヤモンドは計130 カラット超え! 黒ドレス正面向き写真©Chopard  (ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)   その他©Getty Images 

READ MORE

第71回カンヌ国際映画祭

The 71st Festival de Cannes

大女優の風格十分のジュリアン・ムーアは、ショパールのジュエリーと最旬モードをドッキングさせて、見事な着こなしを披露。サンローランの構築的な黒のドレスの胸元には、“グリーン カーペット コレクション”より、34カラットのパライバトルマリン×ハートシェイプダイヤモンドのネックレスを。ジバンシシィの真っ赤なドレスには、プラチナ×24.89カラットのダイヤモンドのロングイヤリングを合わせて。前者は彼女が共同デザインを試みたものだというから、映画祭後も話題はさらに広がりそう。 アップ写真、黒ドレス写真©Chopard (ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) 全身写真©Getty Images

READ MORE

第71回カンヌ国際映画祭

The 71st Festival de Cannes

歴史的にカンヌとは縁の深いショパールが、毎年、新進気鋭の若手俳優に贈る「ショパール・トロフィー」を受賞したエリザベス・デビッキ。もちろん、着用ジュエリーはショパールだが、前出のジュリアン・ムーアとは対照的! スパンコールがまばゆいミュウミュウのブルーグレーのドレスには、大きな円形のダイヤモンドイヤリング。花プリントの大きなパフスリーブのドレスの耳元には、さらに可憐な花モチーフを添えて。ノスタルジック&スイートが彼女の身上? グレーのドレス写真©Chopard (ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)   黒のドレス写真©Getty Images

READ MORE

第71回カンヌ国際映画祭

The 71st Festival de Cannes

タイの国民的女優、アラヤ・ハーゲートは国際派セレブとしてただ今人気急上昇中。フェザーやフリルなど、装飾のあるドレスとジュエリーを華やかにコーディネートするのが彼女流で、今年はショパールをチョイスしてさらにゴージャスさに磨きをかけた。ダイヤモンド、サファイア、エメラルド、ルビーといった珠玉のジュエリーが胸元と耳元をドラマティックに飾り、ドレスは白と赤という祝祭カラー。チャーミングな黒い瞳、赤いリップもアクセント。 ©Chopard(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922

READ MORE

METガラ 2018 “天国のボディ:ファッションとカトリックのイマジネーション”

MET GALA 2018 “Heavenly Bodies:Fashion and the Catholic Imagination”

コリン・ファースの奥さまで、映画プロデューサーのリヴィア・ファースを優雅に飾ったのは、ショパールの色鮮やかなジュエリー。同ブランドとコラボレートし、サステナブルジュエリーについての造詣も深い彼女のこの日のセレクトは、エシカルゴールドを用いた、エメラルドのシャンデリアイヤリングとブレスレットだ。袖部分のドレープが美しいジャンバティスタ・ヴァリの白のドレスに映え、夫のコリンもそのエレガントな姿に満足の様子。 ©Getty Images

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

母になってまろやかな魅力が増したと評判のエミリー・ブラント。スキャパレリの女神ドレスに身を包み、耳元や指にはショパールのハイジュエリーが輝く。まるで水しぶきのように生き生きとしたイヤリングの煌めきは、30.96カラットのアクアマリンと0.67カラットのダイヤモンドのなせる業。手元にもアクアマリン、ダイヤモンド、アメシスト、タンザナイトを配したリングを取り入れ、ブルーを利かせたジュエリーコーディネートを披露。 ©Chopard (ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) 

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

大人の風格とフランス人女優ならではのアンニュイさで魅了するイザベル・ユペールが選んだのは?ショパールのジュエリー&クロエのドレス。ペアシェイプのエメラルドとクッションカットのダイヤモンドを組み合わせたシャンデリアイヤリングが、とてもドラマティック! 指にはそれぞれ3.3カラットと6.6カラットという、2本のゴージャスなダイヤモンドのリングが。総スパンコールのドレスとジュエリー、煌めきの軍配はどちらに? 全身写真©Chopard (ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

オージー女優のキャサリン・ラングフォードは、セレーナ・ゴメスがプロデュースしたドラマ「13の理由」で主役を演じて初ノミネート。とはいえ、ショパールのジュエリーとプラダのドレスのスタイリングはすでに大御所の域? ペアシェイプ、オーバル、マーキス等、さまざまなカットのダイヤモンドが煌めくイヤーカフと、髪飾りにしたブローチ。そして指には、スピネル、サファイア、イエローダイヤモンドが色鮮やかに輝くリングをインプット。 アップ写真©Chopard (ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第70回カンヌ国際映画祭

The 70th Festival de Cannes

70歳を超えてこのカッコ良さ! サングラスをポイントにしたスタイルで魅了したスーザン・サランドン。タキシードジャケット+レザーのロングスカートのルックは、ジュエリーもすべてシャネル。色石をちりばめたブレスレットとイヤリングがとてもエキゾティックだ。デコルテの開いたドレスにはあえてネックレスはせず、耳元にショパールのイヤリングだけを投入。31.6カラットのクッションカットサファイアがクールに輝いて。ドレスはアルベルタ・フェレッティ。(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ドレス写真©Chopard ©Getty Images

READ MORE

第70回カンヌ国際映画祭

The 70th Festival de Cannes

同じ“セルペンティ”のネックレスでも、ベラ・ハディッドとはまったく異なる印象で着けこなしているのが、『Claire’s Camera(原題)』の上映会に姿を現したイザベル・ユペール。クロエの優しいベージュのドレスと相まって、ヘビモチーフがどこか優しく穏やかにさえ感じられて。一方、別日はショパールの16.40カラットのダイヤモンドイヤリングをルイ・ヴィトンのモダンなドレスに合わせ、指にも9.09カラットのマーキースカットのリングを着用。とはいえ、ノンシャランに装うのがフランス女優の流儀。(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ブルーのドレス写真© Chopard ©Getty Images

READ MORE

第70回カンヌ国際映画祭

The 70th Festival de Cannes

ジュリアン・ムーアはショパールと蜜月関係。初日のジバンシィの赤いドレスには、ルビーとダイヤモンドのジュエリーをコーディネート。翌5月18日は、フェザー付きのシャネルの白いドレスに合わせて、14.89カラットのダイヤモンド煌めくフープタイプのイヤリングを投入。たおやかさとゴージャス感をミックス。続く19日は、34.12カラットという華麗なダイヤモンドのシャンデリアイヤリングを披露。ルイ・ヴィトンのモダンなドレスに映えて。(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) 写真すべて©Chopard

READ MORE

METガラ 2017 “川久保玲/アヴァンギャルド”

The MET Gala 2017 “Rei Kawakubo/AVANT-GARDE”

今回のテーマに敬意を表したリアーナは、コム デ ギャルソンの最新コレクションから、特にドラマティックなドレスで登場。しかも実際に展覧会で展示されているドレスだというから気が利いている。そして耳元に揺れるイヤリングは、自らが手がける“リアーナ ラブ ショパール”のハイジュエリー! 彼女の生まれたバルバドス島の自然にインスパイアされた色とりどりの石がドレスと調和し、アヴァンギャルドかつハッピーなムード満載! ©Getty Images

READ MORE

第89回アカデミー賞

The 89th Academy Awards

今回のアカデミー賞の中で、最も大きなダイヤモンドを着用したと噂なのが、この人シャーリーズ・セロン。ショパールの“ガーデン・オブ・カラハリ”コレクションから選んだイヤリングは、ダイヤモンドをハンドセットした贅沢なアシメトリーのデザインで、何とペアシェイプは25カラット、ハートシェイプは26カラット‼ 見るからにずっしり重みがあるが、長身のシャーリーズとは意外と好バランス。ドレスはこちらもディオール。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) 全身・ジュエリー写真©Chopard ©Getty Images

READ MORE

魅惑のジュエリースタイル アイコン

JEWELRY-STYLE ICONS

【Marion Cotillard × CHOPARD】 カンヌ国際映画祭のトロフィー“パルムドール”は知る人ぞ知るショパール製。開催期間中は多数のセレブを魅惑的なハイジュエリーで彩り、盛大なパーティが催される。そんなショパールと特に縁の深いセレブといえば、フランス女優、マリオン・コティヤールだろう。元々環境問題に強い関心を持ち、エシカル・ブランドの重要性を提唱。紛争地と関係ない、公正な取引が証明された素材による“グリーン カーペット コレクション”に賛同し、自らデザインを手がけることに。こうして生まれたのが、2015年のカンヌで披露されたハンドジュエリーだ。オーストラリア産オパールとダイヤモンドをチェーンでつないだそれは、繊細に動くさまが何とも美しくエキゾティック。また自然のモチーフを彷彿とさせる細工、揺れるイヤリングも彼女らしい。大地の匂いを感じさせつつ、あくまでフレンチシックに魅せる。そんなマリオン・スタイルに注目したい。 イヤリング〈上〉(フェアマインドWG×DIA)¥9,680,000 〈中〉(フェアマインドWG×DIA)¥12,230,000 〈下〉(フェアマインドWG×DIA×エメラルド)¥85,150,000/以上ショパール(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

インスタグラムのフォロワー数、5000万人超えを誇るケンダル・ジェンナー。今やカーダシアン・ファミリーの一員という以上に彼女自身のスタイルが確立して、洗練度アップ! ベルベットのヘビが艶めかしいロベルト カヴァリのドレスと見事に調和するのは、ショパールの豪華なシャンデリアイヤリング。フェザー付きの白のドレスには、花のイヤリングを合わせてフェミニンに。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

ジュリア・ロバーツの大きく開いたデコルテを飾るのは、ショパールのネックレス。52.76カラットのペアシェイプのエメラルドが白い肌と黒のドレスに映え、笑顔も輝きを増して。ジョディ・フォスターはカルティエのダイヤモンドを投入。テニスブレスレットとシンプルなイヤリングがスマート! ドレスはともにアルマーニ プリヴェ。(ジュエリー 写真左Studio Triple V/Katel Riou©Cartier カルティエ カスタマー サービス☎0120-301-757)(ジュエリー 写真右ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

ブレイク必至のイットモデル、ロッティ・モスが、実姉のケイト・モスとカンヌ初参戦。赤のディオールのドレスにはショパールのネックレスと小ぶりのイヤリングを加えてレディライクに。バルマンのパール付きドレスにはアーティなダイヤモンドのブレスレットと環状のイヤリングを合わせて。18歳とは思えないグラマラスな着こなしに脱帽! (ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

ルイ・ヴィトンのラメのドレスには、パヴェダイヤモンドが取り巻く14.89カラットのエメラルドリング。黒のディオールのイヴニングには、夜風に揺れる18カラットのダイヤモンドイヤリング。マリオン・コティヤールは夜と昼でヘアも着こなしもさらりとイメージチェンジ、でも洗練度をキープ。ジュエリーはともにショパール。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) ©Getty Images

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

前出のマリオンと『Juste La Fin du Monde(原題)』で共演したレア・セドゥ。二人の旬のフランス女優が並んで放つオーラは、何とも言えずエレガント! マリオン同じく、レア・セドゥの耳元に光るのは、ショパールのダイヤモンドイヤリング。18カラットの輝きは、近未来的でどこかデカダンなルイ・ヴィトンのドレスと好相性。 ©Getty Images

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

ショパールのハイジュエリーをホルストンの朱赤のヴィンテージドレスに合わせ、実の妹ロッティ・モスとともに現れたケイト・モス。太いバングルのダイヤモンドはなんと計103.89カラット! 贅沢な一点もケイトが身につけると軽やか&スタイリッシュに見えるから不思議。一方、ショパール主催のパーティでは黒+ジュエリーの装いにチェンジ。カラフルなネオンに映えるキュートな着こなし。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

ファッションコンシャスなシンガー、モデルのピクシー・ロットもショパールと相思相愛。でも、他のセレブとはひと味違うジュエリースタイルが新鮮! 計109.14カラットの豪華なダイヤモンドネックレスを、ショッキングピンクのボディコンシャスなドレスとブロンドのカーリーヘアに合わせたら? ファンキー&キュートなピクシー・スタイルの完成。他の場面でもピクシーの七変化には熱い視線が注がれて。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

ゴールデングローブ賞では真っ白なミューズドレスとダイヤモンドで魅了したシアーシャ・ローナンもアカデミー賞では一転。カルバン・クラインのシックなグリーンのドレスに合わせて、ショパールのエメラルドを巧みにインプット。注目は左右の色を変えたドロップイヤリング。グリーンと白のコンビが、彼女の清廉なイメージにぴったり。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

ディオールの黒レースのドレスの胸元に、ショパールのソートワールネックレス。主演女優賞ノミネートのジェニファー・ローレンスの装いは、この日もレディライクでデリケート。シンプルすぎるストレートヘアがちょっと物足りないけれど、えくぼが愛らしい笑顔でカバー? 自撮りに熱中する無邪気な姿にも、ジェニファーの魅力があふれて。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) ©REX FEATURES/Aflo

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

シャネルのオートクチュールのドレスにショパールのジュエリーというお気に入りの組み合わせ。でも、必ず違う見せ場を演出するのがジュリアン・ムーアのすごいところ。パヴェセッティングのダイヤモンドイヤリングの豪華さはもちろん、曲線を巧みにデザインに取り入れたエメラルドのリングに注目。昨年の女王の輝きは今年も衰えず。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

コメディ/ミュージカル部門で主演女優賞に輝いたジェニファー・ローレンスが、真っ赤なディオールのドレスに合わせたのは? なんと157カラットのダイヤモンドネックレス。美しい首のラインに沿ったデザインと輝きに、視線集中! ショートヘアにもかかわらず、イヤリングは着けず、ネックレスを際立たせたのも正解。リングと共にショパールの逸品。(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922)

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

アイルランドの新星、シアーシャ・ローナンは『ブルックリン』で主演女優賞にノミネート。17カラットのブリオレットカットと10カラットのペアシェイプダイヤモンドを連ねたイヤリングは、ショパールのもの。サンローランのミューズドレスと共に、優美かつフレッシュな魅力を引き立てて。手元にもペアシェイプダイヤモンドを1本だけ潔く投入。(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ⒸGetty Images

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

昨年の覇者、ジュリアン・ムーアはプレゼンターとして登場。それ自体が宝石のようにグラマラスなスパンコールドレスはトム・フォードのデザイン、人差し指に輝く12カラットのダイヤモンドリングはショパール。ミッドナイトブルーのドレスとエメラルドカットのダイヤモンドのコントラストは、夜空の星さながら。トム・フォード本人との2ショットも豪華!(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ⒸJordan Strauss/Invision/AP/Aflo

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

『YOUTH(原題)』で助演女優賞ノミネートのジェーン・フォンダは、ショパールのジュエリーで風格のあるセレブスタイルを披露。17mmの大粒パールと2カラットのダイヤモンドが輝くイヤリングや10カラットのペアシェイプのリングが、エレガントな所作に映えて。ボディラインや姿勢、ほっそりした指も、とても78歳とは思えない!(ショパール ジャパン プレス ☎03-5524-8922) ⒸGetty Images

READ MORE

2015年パーティ総まとめ

Various Parties in 2015

すっかりおしゃれスナップの常連となったルピタ・ニョンゴ。12月14日に催されたスター・ウォーズ/フォースの覚醒』ワールドプレミアで着けたのは、ショパールのジュエリー。幾何学的なダイヤモンドのイヤリング、ダイヤモンド×エメラルドのリングetc.が、彼女の肌に映えて。艶やかなシルバーのスパンコールドレスを選ぶあたりさすが。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922) Photos: Getty Images

READ MORE

2015年パーティ総まとめ

Various Parties in 2015

ボンドガールに大抜擢されたレア・セドゥが、10月26日にロンドンで開催された『007 スペクターワールドプレミアで魅せた装いは? ゴールドのスパンコールドレスに、ショパールの小ぶりのシャンデリアイヤリングと、大きなセンターダイヤモンドのリング。ミステリアスな美女という役どころに相応しいチョイス。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

2015年パーティ総まとめ

Various Parties in 2015

007 スペクターの北米プレミアは、ロケ地にもなったメキシコシティで11月2日に開催。この日のレア・セドゥはロンドンでのワールドプレミアとは一転、デコルテが大きく開いた真っ赤なシフォンドレスで登場。品格を感じさせるダイヤモンドのドロップイヤリングとソリテールリングを合わせ、華やかかつノーブルな魅力を漂わせて。(ショパール ジャパン プレス☎03-5524-8922)

READ MORE

第67回エミー賞

The 67th Emmy Awards

ジュリア・ルイス=ドレイファスの選択はショパールのダイヤモンド。パヴェセッティングの大ぶりイヤリングは計28.78カラット、ブレスレットは計50カラットとか。リングも含め、“両手にトロフィー”は計算済み? カーヴィなドレスやロジェ・ヴィヴィエのクラッチと共に、コメディ部門主演女優賞にふさわしい華やかさを演出。 Photos: Paul A. Hebert/Invision/AP/Aflo, Getty Images

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

ゴールデングローブ賞とアカデミー賞を制したジュリアン・ムーアのスタイルは、米国の式典よりリラックス&エレガントムード。オープニングでは、大きなエメラルドのイヤリングをアクセントに、深く開いた胸元はノーネックレスで、余裕を感じさせて。ジュエリーはショパール、黒×グレーのドレスはアルマーニ プリヴェのもの。 Photo: Getty Images

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のプレミアでは、ジバンシィの真紅のミューズドレスで登場したジュリアン・ムーア。オープニングで着けたエメラルドに変わり、同じショパールでもダイヤモンドのイヤリングを選択。厳かで貴族的なムードを基調に、スパイスとしてジュエリーを取り入れるのが彼女のカンヌスタイル。 Photos: Getty Images, Broadimage/Aflo, Getty Images

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

2013年、女優として史上初のパルム・ドール賞を受けたレア・セドゥ。2015年はボンドガールに大抜擢され、カンヌでも一目置かれる存在。『The Lobster(原題)』のプレミアでは、ショパールのダイヤモンド×サファイアのシャンデリア・イヤリングを、プラダのドレスにサラッと合わせて。輝きに包まれたアンニュイな表情がとても魅力的。 Photos: Getty Images, REX FEATURES/Aflo

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

アワードの常連、ルピタ・ニョンゴのジュエリーチョイスは、ショパールのドロップイヤリング、マーキスカットのダイヤモンド、そしてアーティスティックなデザインのリング。立体的な花のアップリケが施されたグッチのグリーンのプリーツドレスに合わせて登場すると、レッドカーペットに歓声が。リゾート地にふさわしい開放的なエレガンスを感じさせて。 Photos: Getty Images

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

アニメ映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』で声優を務めた、マリオン・コティヤールの手元に光るのは?  原石の産出国や生産者に配慮したショパール“グリーン カーペット コレクション”に賛同し、マリオン自身がデザインしたハンドジュエリー。ダイヤモンド×オパールのブレスレットが8.6カラットのオパールのリングに連結するデザインに視線が集中! Photos: Getty Images

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

妹のカーラ・デルヴィーニュとともにソーシャライツでモデルのポピー・デルヴィーニュは、ショパールで七変化。ある時はダイヤモンドの華麗なネックレスを、バーバリー プローサムのグリーンのドレスの胸元に。ある時はルビー×ダイヤモンドのネックレスをシャネルの花柄ドレスに合わせて。最旬ジュエリースタイルはお手の物! Photos: Getty Images

READ MORE

第72回ゴールデングローブ賞

The 72nd Golden Globe Awards

ルピタ・ニョンゴのスタイリッシュさの秘密は、全身の巧みなカラーコーディネートにあり。ショパールの揺れるイヤリング、左右に1本ずつ着けたソリテールとバンドリング。花びらのようなフリルを配したジャンバティスタ ヴァリのドレス。すべてパープル&ピンクで見事にまとめた、フェミニンかつ情熱的なスタイルに脱帽。 Photos: Getty Images. Retna/Aflo, Getty Images

READ MORE

第72回ゴールデングローブ賞

The 72nd Golden Globe Awards

『アリスのままで』で主演女優賞を手にして最高の笑顔を見せるジュリアン・ムーア。ダイヤモンドのブレスレット&リングはショパール、シルバーのスパンコールドレスはジバンシィのオートクチュール。素材の質感を重視して、色はワントーンでまとめた装いが、女王のオーラと神々しいトロフィーでグラマラスに輝いて。 Photos: Getty Images

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

シャネルのオートクチュールドレス&ショパールのジュエリーを選んだのは、ゴールデングローブ賞に続き主演女優賞を手にしたジュリアン・ムーア。ドレスは制作になんと987時間を要し、8万個のスパンコールがあしらわれているとか。ダイヤモンドがゴージャスに円を描くイヤリングが、静かな華やかさでオスカー受賞を祝福! Photo: Getty Images

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

ルピタ・ニョンゴは、天然パール約6000個をあしらったカルバン・クラインのジュエリードレスに優雅に身を包み、さらにショパールのダイヤモンドの輝きをプラス。リッチな肌の色、優しいパール&シャープなダイヤモンドのコントラストが最高におしゃれ! ドレスはなんと15万ドル、実は盗難騒ぎもあった模様。 Photos: Getty Images

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

ドットのパターンが配され、背中部分がコクーンシルエットになったディオールのドレスと調和する、ショパールのフープ型イヤリング。パヴェダイヤモンドをちりばめた幻想的なデザインが、主演女優賞ノミネートのマリオン・コティヤールをいっそう輝かせて。サイドで分けてまとめたクラシカルなヘアとの組み合わせも秀逸。 Photos: Jordan Strauss/Invision/AP/Aflo, Getty Images

READ MORE

ページトップへ