HARRY WINSTON

ハリー・ウィンストン

1932年、ハリー・ウィンストンがニューヨークに創業。世界で最も貴重な宝石を選び抜く才能と情熱により「キング・オブ・ダイヤモンド」と称される。1944年からアカデミー賞のレッドカーペットで女優たちに輝きを添え、「スターたちのジュエラー」と呼ばれる。

第94回アカデミー賞

The 94th Academy Awards

授賞式ではクラシックなスタイルを好むニコール・キッドマンは、鳥が羽ばたく姿を表現したハリー・ウィンストンの “イーグル”を主役にコーディネート。ネックレスには約5.8カラット、リングには1.3カラットのイエローダイヤモンドがあしらわれ、とてもフレッシュかつゴージャス! さらにイヤリングとブレスレットも同メゾンでそろえながらも、愛用のオメガのウォッチをさり気なくミックス。ジョルジオ アルマーニ プリヴェの優雅なドレスとともに主演女優賞候補ならではの貫禄のあるスタイルを見せつけて。 ©Kevin Mazur/WireImage(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376)  上半身画像©Getty Images

READ MORE

METガラ2021:“イン・アメリカ:ファッションの辞書”

MET GALA 2021:“In America: A Lexicon of Fashion”

ラインストーンをちりばめたステラ マッカートニーのセンシュアルなドレスと、ハリー・ウィンストンのジュエリーを選んだファッショニスタのジュリア・ガーナー。イヤリングを片耳に2個着用する離れ業を披露した。ダイヤモンド×サファイア×ルビーは星条旗カラーをイメージ? 目元にも鮮やかな煌きのラインストーンとゴールドアイシャドウをたっぷりつけて、とことんゴージャスに。全身ジュエリーのような、360度どこから見ても美しいコーディネート。 © Jeff Kravitz / Staff (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) 全身画像©Getty Images

READ MORE

METガラ2021:“イン・アメリカ:ファッションの辞書”

MET GALA 2021:“In America: A Lexicon of Fashion”

彫刻的な三つ編み&切りそろえた前髪に、ハリー・ウィンストンの総計約47.84カラットのダイヤモンドをあしらった“リース・ネックレス”と、ドロップイヤリングで神秘的なアジアン・ビューティを演出したジェンマ・チャン。ドレスは、1924年公開の映画『バグダッドの盗賊』に登場した中国系アメリカ人の女優、アンナ・メイ・ウォンをイメージしてプラバル・グルンがデザインしたものとか。指元には“サンフラワー”のツインリングが可憐に咲き誇って。 © Theo Wargo / Staff (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) 上半身画像©Getty Images

READ MORE

METガラ2021:“イン・アメリカ:ファッションの辞書”

MET GALA 2021:“In America: A Lexicon of Fashion”

レジーナ・キングは、裏地にゴールドのスパンコールが煌くマイケル・コースのコートドレスを着こなし、デザイナー本人と登場。左手首にはハリー・ウィンストンのイエローゴールドのタイムピース“HW エメラルド”がキラリ。創始者、ハリー・ウィンストン自身が最も愛したとされるエメラルドカットをモチーフにしたモダンなスタイルが目を引く。さらに“HWロゴ・コレクション”のリングで華やかさをプラスし、今年のテーマ“In America: A Lexicon of Fashion(イン・アメリカ:ファッションの辞書)”を表現。 © J Mike Coppola / Staff(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) 全身画像©Getty Images

READ MORE

第93回アカデミー賞

The 93rd Academy Awards

プレ・ショーでホストを務めたアリアナ・デボーズの褐色の肌に燦然と輝くのは、ハリー・ウィンストンのダイヤモンド。イヤリングは4.21カラット、リングは2.3カラットの放射状に広がる“スパークリングクラスター”ダイヤモンドで、さらに“シークレットワンダー”のブレスレットには圧巻の26.87カラットのダイヤモンドが煌めく。そのゴージャスなスタイルを完成させるのは、ヴェルサーチのオレンジ色のドレス。肌を大胆に見せながらもあくまでヘルシーなアリアナ流に拍手! 全身画像©Chris Pizzelo-Pool/Getty Images ©Getty Images

READ MORE

第78回ゴールデングローブ賞

The 78th Golden Globe Awards

「ラチェッド」でテレビドラマ部門の主演女優賞にノミネートされたサラ・ポールソン。撮影中に右腕を負傷したそうで、プラダのギプスを装着してリモート参加。ビーズ装飾が美しいオフショルダードレスもプラダのもの。それ以上に注目すべきはハリー・ウィンストンの“シティ・ライト”のイヤリング。色鮮やかなイエローダイヤモンド×サファイアは、ブロードウェイの活気あふれるネオンをイメージして作られたそう。けがも忘れるほどの眩い輝きを放って。 ©Getty Images

READ MORE

第78回ゴールデングローブ賞

The 78th Golden Globe Awards

プレゼンターのサルマ・ハエックは、約19.07カラットものルベライトのセンターストーンに、ダイヤモンド、ブルーとライトピンクサファイアをセットしたハリー・ウィンストンの“ウィンストン・キャンディ・リング”がお気に入りの様子。そして首元に輝くジュエリーは、なんと計394個のダイヤモンドに包まれた時計、“アルティメイト・エメラルド・シグネチャー”。この日のサルマはブローチとして贅沢に着用し、ワンショルダーのアレキサンダー・マックィーンのドレスと合わせてレディの気品も携えて。 ©Getty Images

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈前編〉

Awards Around the World in 2020 <Part1>

【第26 全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)】 いつもと打って変わって、肩の力が抜けたチャーミングな表情が印象的。そんなジェニファー・ロペスの首元には、計73.55カラットのダイヤモンドをあしらったハリー・ウィンストンのネックレス。さらに13.77カラットのイヤリング、両腕に着けた59.27カラットと35.42カラットのブレスレット、15.99カラットと1.26カラットのリングも。『ハスラーズ』で助演女優賞にノミネートされた彼女の自信とプライドが、ダイヤモンドをさらにまばゆく輝かせて。 ©Getty Images

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈前編〉

Awards Around the World in 2020 <Part1>

【第26 全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)】 リリ・ラインハートの選択は、ハリー・ウィンストンの“スパークリングクラスター”コレクション。耳たぶに沿うようにダイヤモンドが連なり、ペアシェイプの一石が揺れる、計4.34カラットのイヤリングがとっても可憐! さらに2.34カラットのおそろいのリングと、“サンフラワー”コレクションから3.56カラットのツインリングも着用。ミュウミュウのロマンティックなドレスやキュッとまとめたバレリーナ風ヘアと相まって、キュートな魅力が全開! ©Getty Images

READ MORE

セレブのエンゲージリング スタイル

The Celebrity Engagement Ring Style

歴史に残る巨大なダイヤモンドの一つ、1967年にアフリカ南部のレソトで発見された601カラットの原石。カットされた18個のうちの一石、40.42カラットのマーキスカットダイヤモンド「レソト3」が行き着いた先は? 元アメリカ大統領夫人、ジャクリーン・ケネディ・オナシスの薬指だった! 再婚相手の海運王、アリストテレス・オナシスが1968年にハリー・ウィンストンでエンゲージリングとしてオーダー。常に洗練された着こなしで注目されていたジャッキーだからこそ、オナシスに贈られた巨大なリングを公の場で自慢げに見せることはなく、銀行の金庫でしっかりと保管。彼女の死後、オークションにて260万ドル落札されたとか。 ジュエリー画像©Harry Winston(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) ©Getty Images

READ MORE

第92回アカデミー賞

The 92nd Academy Awards

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』で助演男優賞を獲得したブラッド・ピットと、プレゼンターを務めたレジーナ・キングの舞台裏をパパラッチ! アシメトリーのネックラインが特徴的なヴェルサーチのドレスを堂々とまとったクールなそのスタイル、特筆すべきはハリー・ウィンストンでまとめたジュエリーづかい。ダイヤモンドのブレスレットと、“スパークリングクラスター”や“クロスオーバー”のリングをレイヤードした手元に一極集中の着けこなしは、上級者だからこそなせる業。 ©Getty Images

READ MORE

第92回アカデミー賞

The 92nd Academy Awards

人気上昇中のケイトリン・ディーヴァー。主演した『Booksmart(原題)』ではノミネートを逃したものの、ハリー・ウィンストンのルビーのイヤリングと、ラリアットネックレスでしっかりドレスアップ。ルビーの色に合わせた真紅のシルクサテンドレスは、フローレンス・ピュー同様「Red Carpet Green Dress」の基準に基づいて制作されたルイ・ヴィトンのもの。実は繊細なスワロフスキー・クリスタルとビーズがちりばめられている。ストレートヘアと細身のシルエットで、シックに仕上げて。 ©Steve Granitz WireImage(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376)  全身画像©Getty Images

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

テレビドラマ部門で主演女優賞にノミネートされたジョーイ・キングは、ハリー・ウィンストンの‟スパークリングクラスター”イヤリングの一粒ダイヤモンドを揺らして登場。耳たぶに沿うように、流線を描くデザインが美しい。そこに合わせた彫刻のようなドレスは、‟HYPNOSIS(催眠)”と名付けられたイリス ヴァン ヘルペンのコレクションからの一着で、3Dプリンターを駆使して作られたそう。耳元に慎ましやかに煌くダイヤモンドジュエリーが、途端にフューチャリスティックに感じられるから不思議。 ©Steve Granitz (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376)  全身写真©Getty Images

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

エカテリーナ2世に扮した「Catherine the Great(原題)」で、テレビドラマ部門主演女優賞にノミネートされたヘレン・ミレン。シフォンが何層にも重なったディオールのドレスの優雅さもさることながら、総額4億円を超えるハリー・ウィンストンの煌きに釘付け! ‟シークレット・クラスター”イヤリングには熟した果実のようにルビーが揺れ、匠の技で綿密に仕上げられたダイヤモンドのネックレスとブレスレットが、華麗なる輝きを放つ。彼女自身が2006年に演じた、堂々と気品あふれる‟クィーン”のように。 全身写真©Steve Granitz (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376)  ©Getty Images

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

エッジの効いたガーリースタイルが定番となりつつある、ルーシー・ボイントン。ルイ・ヴィトンのメタリックシルバーのドレスに合わせた3本のリングは、全てハリー・ウィンストンのもの。左手には蓮の花を表現した‟ロータス・クラスター”、右手薬指には繊細なオープンワークが冴える‟ループ・バイ・ハリー・ウィンストン”、さらに人差し指には、百合モチーフのリングを加え、レッドカーペットに花を咲かせて。メタリックなアイシャドウとLELET NYのヘアアクセサリーも、キラキラで合わせてエッジィな優美さ満点。 ©Getty Images

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

ゾーイ・ドゥイッチは、コメディ/ミュージカル部門で作品賞候補に挙がった青春ドラマ「ザ・ポリティシャン」でブレイク中! そんな彼女の大きく開いたデコルテを飾るのは、ハリー・ウィンストンのネックレス。58.69カットもあるサファイアは夜空のような深い藍色で、神秘的なムード満点! さらにイヤリングとリングもサファイアで統一して。はつらつとしたビタミンカラーのフェンディのドレスが、どこかマチュアで落ち着いた佇まいに感じられるのは、サファイアブルーの差し色のおかげ。 ©︎Kevork Djansezian/NBC(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376)

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

ネックレス、イヤリング……ハリー・ウィンストンの女神級のオーラに包まれているジェニファー・ロペス。エキゾティックなコロンビア産エメラルドのグリーンの輝きが、彼女の褐色の肌に映えて。グリーンとゴールドの大きなラッピングドレスは、ヴァレンティノの作品。助演女優賞にノミネートされたお祝いに、婚約者のアレックス・ロドリゲスからは何かプレゼントが!? 彼もハリー・ウィンストンのシャツスタッズとカフリンクスを着用し、仲良く登場。 全身写真 ©George Pimentel アップ写真 ©Steve Granitz (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) 

READ MORE

2019年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2019

【第71回エミー賞】 テレビの祭典、9月のエミー賞でプレゼンターを務めたナオミ・ワッツ。美しいデコルテに流れるようなラインを描くダイヤモンドは、ハリー・ウィンストンの“シークレット・コンビネーション・ソートワール”。振り返った時にも魅力的に見えるよう、後ろを長めにして着用するというおしゃれ上級者の技を見せた。さらには、エメラルドカットされたダイヤモンドのスタッズイヤリングやリングをさりげなくオン。ディオール オートクチュールのドレスに合わせ、1947年に旋風を巻き起こした「ニュールック」を現代版にアップデートした模様。 正面写真photo by Steve Granitz / WireImage (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) ©Getty Images

READ MORE

2019年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2019

【第61回グラミー賞】 グラミー賞授賞式のオープニングを飾った、キューバ出身のカミラ・カベロは、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞と最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞にノミネート。その嬉しさがそのままコーディネートに表れていたよう。鮮やかなピンクのスパンコールドレスに合わせたのは、総計約30.59カラットのモルガナイト、スピネル、ダイヤモンドをあしらったハリー・ウィンストンの“クラスター・ドロップイヤリング”。その煌めきで会場がいっそう華やかなムードに。 全身写真Photo by John Shearer/Getty Images for The Recording Academy(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション 0120-346-376 ©Getty Images

READ MORE

2019年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2019

【第25回全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)】 2018年の大ヒット映画『ボヘミアン・ラプソディ』のヒロイン、ルーシー・ボイントン。ファンからの写真撮影のリクエストに気軽に応じるその指には、ハリー・ウィンストンの愛らしいひまわりモチーフのダイヤモンドリングが輝く。さらにイヤリングでも可憐さをプラス。そこに、花柄にドットのチュールをレイヤードしてクールに仕上げたアーデムのフルレングスドレスや、大胆なダブルアイラインのメイクで、辛口モードな要素を加えて。若手女優らしいスタイリングがとてもフレッシュ! ©Getty Images

READ MORE

2019年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2019

【第71回エミー賞】 華やかにドレスアップしたセレブが多い中、グウィネス・パルトロウはプレゼンターらしく、他のセレブを引き立てるようにシックなヴァレンティノのモノトーンドレスで登壇。その自然体な美しさを完成させるのは、合計約30.68カラットものダイヤモンドとサファイアをあしらったハリー・ウィンストンのフープ・イヤリングだ。普段からすっぴん姿をSNSに投稿している彼女は、祭典でも自分らしく、カラーレスなメイクとナチュラルなヘアで、ベテランセレブの余裕を漂わせて。 ©Getty Images

READ MORE

2019年パーティまとめ

Various Parties in 2019

映画『RBG 最強の85才』で、第91回アカデミー賞歌曲賞にノミネートされた歌手で女優のジェニファー・ハドソン。他を圧倒する隙のない美しさの秘密は、ハリー・ウィンストンのシャンデリアイヤリングにあり。1981年生まれの彼女よりも年上の、1972年製ヴィンテージ。総計約29.59カラットのダイヤモンドをあしらった、ここぞという時に着けたいお守りのような存在のジュエリーだ。クリストファー ケインのドレスとの組み合わせで、イヤリングを主役にしたスタイリングを披露。 ©Getty Images

READ MORE

METガラ2019 “キャンプ:ファッションについての覚書”

MET GALA 2019: “Camp: Notes on Fashion”

『ボヘミアン・ラプソディ』の好演が記憶に新しいルーシー・ボイントン。ハリー・ウィンストンを代表する“クラスター・コレクション”のイヤリング、サファイアとダイヤモンドで「忘れな草の花」を表現した“フォーゲット・ミー・ノット・コレクション”のリングが、旬の女優ならではのオーラに輝きを添える。フェザー&スパンコールがあしらわれたプラダのドレス、ブルーに染めたヘアも相まって、まるでおとぎ話の妖精のよう。次世代のトレンドアイコンは彼女に決定? 全身写真Photo by Theo Wargo / WireImage(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) ©Getty Images

READ MORE

METガラ2019 “キャンプ:ファッションについての覚書”

MET GALA 2019: “Camp: Notes on Fashion”

全身がジュエリーのようなヴェルサーチのドレスで現れたジェニファー・ロペス。胸元には、65.32カラットのパープルサファイアをダイヤモンドが取り巻くハリー・ウィンストンの“パープル・ドラゴン・ネックレス”。さらに1972年製のシャンデリアイヤリング、 “シークレットクラスター・コレクション”のブレスレットやリングも投入。婚約者のアレックス・ロドリゲスもハリー・ウィンストンの時計を着用し、ペアで圧倒的な存在感を放った。 アップ写真Photo by Dia Dipasupil ツーショット写真Photo by Dimitrios Kambouris(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376)

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

スキャパレリのピンクのチュールドレスで登場したヘレン・ミレン。ハリー・ウィンストンの“インクレディブル・クラスター・ネックレス”が、美しいプラチナヘアと少女のような笑顔を引き立てて。ブレスレットとイヤリングは、“クラスター・コレクション”。極細のプラチナ台に匠の技を駆使してセットされたダイヤモンドが、密やかに華やかさを演出する。会場を彩った総計約235カラットの見事な煌めきに注目。 アップ写真Photo by Jeff Kravitz/FilmMagic(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376)  ©Getty Images

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

プレゼンター、サラ・ポールソンは、ハリー・ウィンストンの“ギピュール・ネックレス”をチョーカー風に着けこなして。ギャザーでボリューム感を出した襟元に、少し隠れるよう短めに合わせる技ありコーディネート。約55.70カラットのダイヤモンドには、ベルギーの伝統レースをモチーフに、立体的に浮き上がって見える高度なセッティング技術が隠されている。ウエストからチラリと肌が見える、ブランドン・マックスウェルのドレスもセクシー。 アップ写真Photo by Frazer Harrison/Getty Images (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) 

READ MORE

第76回ゴールデングローブ賞

The 76th Golden Globe Awards

『デストロイヤー』でドラマ部門主演女優賞にノミネートされたニコール・キッドマンは、ハリー・ウィンストンのルビーとダイヤモンドをあしらった“ドラプリ・イヤリング”と、合計約37.62カラットの“シークレット・クラスター・ブレスレット”をセレクト。50歳を超えてもなお、ボディラインを強調するドレスに合わせ、スマートに着けこなす姿はアッパレ! ボルドーのスパンコールがイヤリングの妖艶なルビーの輝きをさらに引き立て、成熟した大人の女性像を演出して。 全身写真©photo by Steve Granitz / WireImage(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) ©Getty Images

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第24回全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)】この日の女王のジュエリーチョイスはハリー・ウィンストン。『ビッグ・リトル・ライズ』でテレビ映画・ミニシリーズ部門の女優賞に輝いたニコール・キッドマンには、はやり“キング・オブ・ダイヤモンド”がよく似合う。イヤリングは、11.92カラットのイエローダイヤモンドにホワイトダイヤモンドをセット。アルマーニ プリヴェのスパンコールドレスにも映えて。 アップ写真Photo by Steve Granitz/WireImage(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) 全身写真©Getty Images

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第71回英国アカデミー賞British Academy Film Awards】2月18日、場所は英国・ロンドンに移るも、2018年の冒頭に話題をさらったゴールデングローブ賞の流れを受け、“セクハラ撲滅”を訴えてドレスはオールブラック! おかげでジュエリーが主役に? ピカイチは主演女優賞にノミネートされたマーゴット・ロビー。ジバンシィの黒レースのドレスに、ハリー・ウィンストンのダイヤモンドが映える。耳元にクラスター・イヤリング、指にはペアシェイプのクラスター・リングが輝く、魅惑的なスタイル。 アップ写真Photo by David M. Benett/Dave Benett@Getty Images(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) 全身写真©Getty Images

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第70回エミー賞Emmy Awards】Netflix作品が史上最多112部門にノミネートされ、HBOを上回って話題となった第70回エミー賞。助演女優賞は「ウエストワールド」(HBO)のタンディ・ニュートンの手に! イギリス人らしい気品とモダンさが漂うジュエリースタイルの主役は、ハリー・ウィンストンのフープイヤリング。計18.74カラットのダイヤモンドが、大きさの異なる輪を連ねて眩い輝きを放つ。2種類のダイヤモンドリングも着用。カッティングが美しいドレスもとてもモダン。9月17日開催。 アップ写真Photo by John Shearer/Getty Images(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376) 全身写真©Getty Images

READ MORE

2018年パーティ総まとめ

Various Parties in 2018

サルマ・ハエックも、第75回ゴールデングローブ賞授賞式のアフターパーティで、目を引いたゲストのひとり。レッドカーペットでもパーティでも華やかで露出度が高い装いが多い中、黒のシックなブラウスとパンツを選び、ハリー・ウィンストンのグラマラスなネックレスを胸元に忍ばせた目も髪も黒く、肌がヘルシーな褐色のサルマだからこそ、黒の服がエキゾティックに感じられ、しかも大ぶりのネックレスの存在感がアップ。 ©Getty Images

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

歳を経てなお、おしゃれのセンス抜群! ヘレン・ミレンは、ダイヤモンドとサファイアの組み合わせが眩いトータル115.27カラットのハリー・ウィンストンのネックレスを、ブルーのシンプルなドレスに合わせて。さらにイヤリング、そしてアイコンともいえる“クラスター”のリングをさり気なく着用しているものの、実は総額なんと約4億円! ベテラン女優の貫禄にふさわしい輝きとボリュームにご注目。 正面写真©Kevin Mazur/WireImage (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376 www.harrywinston.com ©Getty Images

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

ハリー・ウィンストンのジュエリーをまとい、たおやかにプレゼンターを務めたニコール・キッドマン。注目は、センターパートでまとめたシンプルなブロンドヘアの間に揺れる、“クラスター・シャンデリア・イヤリング”。真っ白なダイヤモンドがニコールの透き通るような肌を一層輝かせて。他にもダイヤモンドのブレスレットやバンドリングなど、計84カラットを超えるジュエリーを着用。アルマーニ プリヴェの構築的なブルーのドレスとも見事にマッチ。 手元・顔アップ写真© Steve Granitz/WireImage(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376 www.harrywinston.com) 全身写真©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

ケイト・ハドソンはプレゼンターとして登場。目に止まるのは、ヴァレンティノのドレスの深いV字の胸元と、そこに輝くペンダント! 艶めいた胸元がセクシーになり過ぎないのは、ハリー・ウィンストンの気品あふれるダイヤモンドのパワーのおかげ。円形のペンダントの中にはラウンドカットやペアシェイプなど異なる形のダイヤモンドが460個、星形模様に組み込まれて。ボーイッシュなベリーショートヘアとフェミニンなヴィンテージの“クラスター”のダイヤモンドイヤリングも粋なコンビ。 正面アップ写真© Stefanie Keenan/Getty Images for FIJI Water(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376 http://www.harrywinston.com) ©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

テレビドラマ部門の主演女優賞にノミネートされたクレア・フォイ。洗練されたアンドロジナスなムードは、イギリス人ならではのおしゃれ感度の高さ。同じイギリス出身のデザイナー、ステラ マッカートニーのメンズライクなパンツスーツに、ハリー・ウィンストンの“スパークリングクラスター”のダイヤモンドイヤリングと、シンプルなバンドリングをさり気なく添えて。オールバックに整えたショートの黒髪&深紅のルージュで、モードな仕上げは完璧! 正面アップ写真©Steve Granitz/WireImage (ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376 http://www.harrywinston.com) ©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

アワードの常連、ベテラン女優のヘレン・ミレンは、ジュエリーの着けこなしもさすがの一言。ハリー・ウィンストンのアイコニックなダイヤモンドネックレスを、まるでドレスの装飾の一部のように襟のラインに沿わせて着用。さらに“クラスター”のダイヤモンドイヤリング、ルビー×ダイヤモンドのリングも添えて。艶やかなレースと透け感が美しいズハイル・ムラドのドレス、プラチナ色の髪、深い赤のリップ&ネイル……と、色味を抑えながらも華のある装いに脱帽。 ©Michael Kovac/Getty Images for Moet & Chandon(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376  http://www.harrywinston.com)

READ MORE

第70回カンヌ国際映画祭

The 70th Festival de Cannes

ハリー・ウィンストンのダイヤモンドを、洗練された着けこなしで披露したニコール・キッドマンにも熱い視線が! 5月21日はロダルテのヴィンテージ風ラメドレスに、39.48カラットのブレスレットをはじめ、トータル53カラット以上のダイヤモンドを投入。髪飾りにもダイヤモンドが潜んでいる! 翌22日は、ラフ・シモンズによる新生カルバン・クラインのオーダードレスとダイヤモンドがグッドマッチ。どちらも華やかさと愛らしさのバランスが絶妙。(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション ☎0120-346-376 http://www.harrywinston.com) シルバードレス写真Photo by Venturelli/WireImage ©Getty Images

READ MORE

第70回カンヌ国際映画祭

The 70th Festival de Cannes

エキゾティックムードが漂う2着のドレスに、あえてヴィンテージのオメガのウォッチを合わせたニコールのセンスに脱帽! フリンジが波のようにあしらわれたメタリックなドレスはマイケル・コース、眩いビジューで大きなアラベスク模様が描かれたドレスはジョルジオ アルマーニ プリヴェ。華やかさはあるのに、どちらも落ち着いたムードなので、ダイヤモンドの煌めきが控えめで深みを感じさせるヴィンテージウォッチやジュエリーがよく似合う。 ©Getty Images

READ MORE

第89回アカデミー賞

The 89th Academy Awards

この日のニコール・キッドマンは、いつもに増してハイテンション。助演女優賞は逃すも、夫のキース・アーバンとのラブラブぶりを見せつけ、ハリー・ウィンストンの眩いジュエリーがさらにロマンティックムードを盛り上げた。ダイヤモンド×スピネル製の計30.60カラットのドロップイヤリング、弾ける水しぶきをモチーフにしたスプラッシュ・ブレスレットなど、着用合計はなんと119カラット超え! アルマーニ プリヴェのドレスもジュエリーのような輝き。(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション☎0120-346-376) 手の写真 Photos by Jennifer Graylock 全身写真 Photo by Kevin Mazur ©Getty Images

READ MORE

第74回ゴールデングローブ賞

The 74th Golden Globe Awards

コメディ/ミュージカル部門で助演女優賞を獲得したヴィオラ・デイヴィスは、風格も華やかさも十分。鮮やかイエローのマイケル・ コースのドレスに合わせたジュエリーは、ハリー・ウィンストン。計74.22カラットのダイヤモンドが敷き詰められたカーペット・ブレスレットや計18.76カラットのフープイヤリングは、まさにヴィオラのためにある! ダイヤモンドの豪奢な輝きが、ドレスの色やデザイン、肌とヘアの色、露出度などと見事に調和して、ヴィオラの受賞を祝福。(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション☎0120-346-376) ©Getty Images

READ MORE

第74回ゴールデングローブ賞

The 74th Golden Globe Awards

プレゼンター、ドリュー・バリモアのこの日のジュエリーは、ハリー・ウィンストンのもの。左右の指に“ロータス・リング”をはじめとするさまざまなモチーフのリングを着け、耳元にはゴージャスなドロップイヤリングという、まさにトレンディなスタイルで魅了。計8点・総額250万ドルに及ぶとか。ドレスはセレブや花嫁の間で人気のドレスデザイナー、モニーク・ルイリエ作。まさにジュエリーのように繊細なスパンコール刺繍が、本物のダイヤモンドの輝きと調和して。(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション☎0120-346-376) ©Getty Images

READ MORE

魅惑のジュエリースタイル アイコン

JEWELRY-STYLE ICONS

【Gwyneth Paltrow × HARRY WINSTON】 1932年にニューヨークで創業、“キング・オブ・ダイヤモンド”の異名を取るハリー・ウィンストン。1944年には、アカデミー主演女優賞を受賞したジェニファー・ジョーンズにジュエリーを貸し出し、“スターたちのジュエラー”と呼ばれるように。今では当たり前のシステムも当時としては画期的で、以来、ハリー・ウィンストンはアワードに欠かせない存在になる。中でも1998年、『恋におちたシェイクスピア』でオスカー像を手にしたグウィネス・パルトロウのスタイルはタイムレス。耳元には様々なシェイプのダイヤモンドが立体的にセットされた“クラスター・イヤリング”が光を取り込んで輝き、ネックレスもシンプルな短めをチョイス。ラルフ ローレンの桜色のスリップタイプのドレス、小さくまとめたヘア。スター然としない可憐な佇まいとピュアな美しさが際立つ。さあ、グウィネス・スタイルを想起させるネックレスとイヤリングで、受賞の瞬間の幸福感をシェア! イヤリング「クラスター・イヤリング」(PT×DIA)¥4,080,000~ ネックレス(PT×DIA)¥22,400,000/ともにハリー・ウィンストン(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション☎0120-346-376) ©Getty Images

READ MORE

2016年パーティ総まとめ

Various Parties in 2016

10 月27 日、ロサンゼルスで開催された、アメリカ・エイズ研究財団による「amfAR’s STAR-STUDDED INSPIRATION GALA」。シャーリーズ・セロンはディオールのランジェリータイプのドレスにマニッシュなジャケットを羽織り、ハリー・ウィンストンの計32.57カラットのシャンデリアイヤリングと、計6.6カラットのシークレット・クラスターリングで仕上げ。ダイヤモンドの美しさを際立たせる、クールで凛々しい着こなしに注目したい。(ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション☎0120-346-376) Photos by Stefanie Keenan/Getty Images for Harry Winston

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

カンヌ国際映画祭会期中に開催された「amfAR(米国エイズ研究財団)」によるチャリティーガラにケイティ・ペリーが出席。メインスポンサーを務めるハリー・ウィンストンの“リリークラスター”シャンデリアイヤリングを着用し、計23.01カラットの輝きに包まれてご満悦の様子。マルケーザの赤のフリルドレス、タイトなヘア、赤リップ、すべてがパーフェクトマッチ。笑顔もとびきりチャーミング! ©Getty Images

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

いつも軽やかなジュエリースタイルを披露してくれるヘレン・ミレンが、「amfAR(米国エイズ研究財団)」のガラ出席時に選んだのは? ハリー・ウィンストンの“リリークラスター”のネックレスと、“ラディアントカット・イエローダイヤモンド・マイクロパヴェ”のイヤリング。白い肌にも、花火のようなモチーフのテンパリー・ロンドンのドレスにも映える、計算し尽くされたコーディネート。 ©Getty Images

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

シャーリーズ・セロンのセクシーなVゾーンに輝くのは、ハリー・ウィンストンの計48.8カラットのネックレス。計15.49カラットのイヤリング、8.78カラットのリングなども合わせると、総額は何と37億円! 共にステージに上がったエミリー・ブラントとは一味違うグラマラスな個性には、大ぶりダイヤモンドがお似合い。赤のドレスはディオールのオートクチュール。 ©Getty Images, Chris Pizzello/Invision/AP/Aflo

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

60年代風のスイート&ロマンティックなスタイルに注目! ケイティ・ペリーが選んだのは、プラダのピンクのスリップドレスとハリー・ウィンストンの煌めくダイヤモンド。バングル、リング、イヤリングとフル装備で、ピンクのネイルと真っ白なミンクで総仕上げ。ボリュームを出した黒髪も、おしゃれピンナップガールのイメージで。 ⒸGetty Images

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

Y字のネックレス、ブレスレット、イヤリング、リング……ハリー・ウィンストンのオーラに包まれているのは、ジェニファー・ロペス。エキゾチックな褐色の肌が一層、魅惑的に輝いて。鮮やかなイエローのドレスはジャンバティスタ・バリのもの。ラメのクラッチやパンプス、ボルドーのネイル、セクシーなアンクレットも名脇役。 ⒸREX FEATURES/Aflo , Getty Images

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

映画『シンデレラ』の主役でブレイクしたリリー・ジェームズも、ゴールデングローブ賞でセレブの仲間入り。小指にキラリと光るのは、ハリー・ウィンストンのダイヤモンド。ドレープがドラマティックなマルケーザの白いドレスとの組み合わせは、王子様のお迎えを待つ花嫁のよう? 実際、2016年は舞台『ロミオとジュリエット』にも挑戦。 ⒸGetty Images, LNC / Dominic Ruiz/Camera Press/Aflo

READ MORE

2015年パーティ総まとめ

Various Parties in 2015

10月29日にロサンゼルスで行われた「米国エイズ研究財団主催ガラ」に、レディ・ガガがハリー・ウィンストンをまとって登場。け襟のようなノスタルジックで可憐なダイヤモンドのネックレスに合わせて、ガガ様も50年代レディ風の装い。パステルピンクのドレスとアップヘアがジュエリーを引き立てて。イヤリングも同ブランドのもの。 Photos: Getty Images

READ MORE

第67回エミー賞

The 67th Emmy Awards

「スキャンダル 託された秘密」の劇中でファッションコンシャスなフィクサーを演じるケリー・ワシントンが選んだのは、ハリー・ウィンストンのプラチナ×ダイヤモンドのエタニティ。中指・薬指に並べて着けた様子がクール!シルバーのラメやスパンコールをちりばめたマーク ジェイコブスのドレスと共に、肌の色に映えるベストチョイス。 Photos: Getty Images, Photoshot/Aflo

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

小ぶりながら印象的なハリー・ウィンストンのダイヤモンドを、イヤリングとリングに取り入れたダイアン・クルーガー。プラダのスチールブルーのドレスと、密やかなダイヤモンドの輝きが、知的な表情によく似合う。ルーズにアップしたライトブラウンのヘアや、ジミー チュウのブルーのクラッチも絶妙なカラーコーディネーション。 Photos: Getty Images

READ MORE

第72回ゴールデングローブ賞

The 72nd Golden Globe Awards

雨粒のようにポエティックにドロップするダイヤモンドのイヤリングは、ハリー・ウィンストンのもの。29カラットという豪華な輝きも、知的で印象的なアマル・クルーニーの容貌には、自然となじむから不思議。ディオール黒のドレス、白のグローブ、夫のジョージ・クルーニーのエスコートで、王道フォーマルを極めて。 Photos: Getty Images, Reuters/Aflo

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

プレゼンターを務めたニコール・キッドマンのダイヤモンドは、ハリー・ウィンストン。計82.14カラットという気の遠くなりそうなブレスレットも、さすがに軽やかな着けこなし。スパンコールをちりばめたドレスとトランク型クラッチバッグはルイ・ヴィトンを取り入れ、最旬モードと王道ジュエリーのミックス&マッチを楽しんで。 Photos: Getty Images, AP/Aflo

READ MORE

ページトップへ