BVLGARI

ブルガリ

1884年、ギリシャ系イタリア人のソティリオ・ブルガリがローマで創業。ヘビを象った“セルペンティ”をはじめ、“ビー・ゼロワン”や“ブルガリ・ブルガリ”“ディーヴァ”など華麗でダイナミックなデザインが魅力。ジュエリーのほか、時計、バッグ、香水なども人気。

第94回アカデミー賞

The 94th Academy Awards

最多6冠に輝いた『DUNE/デューン 砂の惑星』に出演したゼンデイヤは、合計13カラット以上のダイヤモンドがあしらわれたブルガリの“セルペンティ”のネックレスに、“セルペンティ ヴァイパー”のブレスレットをダイナミックにいくつも重ねづけ。それをヴァレンティノのクロップト丈のシャツ&メタリックなフィッシュテールのスカートをあわせてぐっとシックに昇華。実はこのスタイル、1998年のアカデミー賞でのシャロン・ストーンの装いがインスピレーションだそう! ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100  セレブ画像©Getty Images

READ MORE

第94回アカデミー賞

The 94th Academy Awards

レッドカーペットでのインタビュアーという大役を任されたヴァネッサ・ハジェンズ。約12カラットのエメラルドとダイヤモンドがあしらわれた、ブルガリのグラマラスなネックレス&イヤリングを堂々披露! ジュエリーを華やかに魅せる引き算のテクニックを心得ているようで、ドレスはマイケル・コースのシンプルな黒のものをチョイス。ウエストにカットアウトが施されたモードなデザインのお陰で、ジュエリースタイルの洗練度も彼女のオシャレ度もグンとアップ! ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100  全身画像©Getty Images

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第26回放送映画批評家協会賞(Critics’ Choice Awards)】 3月7日に開催された放送映画批評家協会賞にて。「クイーンズ・ギャンビット」で主演女優賞を受賞したアニャ・テイラー=ジョイが、記念すべきレッドカーペットで着用したのは、ブルガリ。合計約92カラットのタンザナイトとルビーがあしらわれたイヤリングの鮮やかな色のコントラストを、ディオールのシアーなドレスに合わせて楽しんで。メゾン生誕の地、ローマにあるカラカラ浴場遺跡を彩るモザイク画に着想を得た扇形モチーフの“ディーヴァ ドリーム”のリングを、グローブの上から着けるという小技も披露。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第26回放送映画批評家協会賞(Critics’ Choice Awards)】 【第36回サンタバーバラ国際映画祭(Santa Barbara International Film Festival)】 【第78回ヴェネツィア国際映画祭(Venice International Film Festival)】 レッドカーペットのお供にブルガリを携えたのはメゾンのアンバサダーであるゼンデイヤ。4月のサンタバーバラ国際映画祭では“ディーヴァ ドリーム”のジュエリーウォッチに、ダイヤモンドをあしらったリングとイヤリング。ペルテガスのジャケットにエメラルドのグリーンをリンクさせて。主演女優賞にノミネートされた放送映画批評家協会賞では、目を引くビタミンカラーのヴァレンティノのドレスに、イタリアに咲き誇る花園をイメージした“フィオレヴァー”のリングでお祝い。ヴェネツィア国際映画祭では、出演した『DUNE/デューン 砂の惑星』の舞台を彷彿とさせる流砂のようなバルマンのサンドベージュのドレスをまとって。合計93カラットのエメラルドとサーペンタイン(蛇紋石)のネックレスで視線を釘づけに。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第63回グラミー賞(Grammy Awards)】 個性的なファッションがお得意で、レッドカーペットでのスタイルも注目の的のデュア・リパ。3月のグラミー賞では年間最優秀楽曲賞を含む6部門にノミネート、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムを受賞! ブルガリの“セルペンティ”のイヤリング&リングと“フィオレヴァー”のリングと、クリスタルがふんだんにあしらわれた、アトリエ ヴェルサーチのドレスの相乗効果でゴージャスさに磨きがかかる。パープルのアイシャドウ、ストレートに下ろしたヘアにも洗練されたセンスが光って。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100 全身画像©Getty Images

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第74回英国アカデミー賞(British Academy Film Awards)】 リアルとバーチャルを織り交ぜて4月10・11日に開催された英国アカデミー賞でプレゼンターを務めたインド人女優、プリヤンカー・チョープラー。ターコイズ、タンザナイト、ダイヤモンドをあしらったブルガリのソートワールネックレスを、ペルテガスのジャケットの下に着け、チラリと覗かせるという技が光る。さらに“ディーヴァ ドリーム”のイヤリング、 “セルペンティ”のリングを着用し、眩いばかりのエキゾティックな色香を漂わせて。夫のニック・ジョナスと仲良く参加。 ブルガリジャパン ☎03-6362-0100 2ショット画像©Getty Images

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【2021ビルボード・ミュージック・アワード(Billboard Music Awards)】 プレゼンターとしてレッドカーペットに舞い降りたガブリエル・ユニオンは、合計23カラット超えのダイヤモンドをあしらったブルガリのイヤリングを主役に、存在感をアピール。褐色の肌に似合うダイヤモンドのブレスレットと“セルペンティ”のリングも同じくブルガリのもの。大小のスパンコールが施されたプラダのドレスが動くたびに反射する煌めきと、ダイヤモンドの輝きが重なり、全身から光のオーラを放って。 ブルガリジャパン ☎03-6362-0100

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第78回ヴェネツィア国際映画祭(Venice International Film Festival)】 1席空けの座席や完全予約制などの感染対策に徹しながらも、盛り上がりを見せたのは9月4日の『Competencia Oficial(原題)』の上映会。その中にイタリアの女優、アリス・パガーニの姿も。ダイヤモンドをあしらった“セルペンティ”のジュエリーウォッチとリング、四弁花を模した“フィオレヴァー”のリングを、ジョルジオ アルマーニ プリヴェのヌーディな一着に合わせ、クールかつグラマラスなスタイルを満喫。彼女らしい隙のない仕上がりで、レッドカーペットに新風を吹き込んでいた。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100 セレブ画像©️Getty Images

READ MORE

2021年 世界のレッドカーペット総集編

Awards Around the World in 2021

【第16回ローマ映画祭(Rome Film Fest)】 イタリア映画の聖地、ローマを舞台にした映画祭が16回目を数えた。特別功労賞を受賞したクエンティン・タランティーノ監督に伴い、そのジュエリースタイルで魅了したのが妻のダニエラ・タランティーノ。選んだのはもちろん、ローマのハイジュエラー、ブルガリ。マーキースカットのダイヤモンドをちりばめたネックレスとダイヤモンドをチェーンのようにつないだブレスレット、そしてサファイアとダイヤモンドを配したイヤリングが、黒い髪&瞳の彼女を一層エキゾティックに引き立てて。監督のスーツの袖からもブルガリの名作時計“オクト”がチラリ。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100

READ MORE

METガラ2021:“イン・アメリカ:ファッションの辞書”

MET GALA 2021:“In America: A Lexicon of Fashion”

METガラ常連のリアーナが披露したのは、身体を包み込む立体的なバレンシアガのドレスに、ブルガリのジュエリーを合わせたドラマティックな装い。総計267カラットを超えるダイヤモンドのネックレスを二つ重ね、壮麗なブレスレットと、ペアシェイプのダイヤモンドをあしらったイヤリングを合わせて。ゴージャスさの中にニット帽でストリートのスパイスを加えたスタイルで、アメリカを中心に活躍するポップスター、リアーナらしさが全開。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100  上半身画像©Getty Images

READ MORE

METガラ2021:“イン・アメリカ:ファッションの辞書”

MET GALA 2021:“In America: A Lexicon of Fashion”

ブルガリのアンバサダーでもあるアメリカ出身のモデル、リリー・オルドリッジは、イヤリング、リング、そしてメゾンのアイコンである“セルペンティ”のブレスレットをすべてホワイトゴールド×ダイヤモンドで統一。ウェスタンスタイルをアレンジしたラルフ ローレンの白シャツ+スカートに合わせ、さらに抜け感のあるラフなヘアスタイルでクリーン&ヘルシーな印象を強調。同じくラルフ ローレンのドレスを着用したジョアン・スモールズと、METガラのドレスコードを楽しんで。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100  全身画像©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

『Annette(原題)』のプレミアで、46石のエメラルドをあしらったイヤリングを着けこなしているのは、ブルガリのアンバサダーであるエステル・エスポシト。指にも約5カラットのエメラルドをセンターに配したリングと、目にエメラルドが光る“セルペンティ”のリングを投入。ドレスのパープルとグリーンのハーモニーがとても新鮮。仕上げは90年代風の細いアーチ眉。シャープなインパクトを注入して生まれた絶妙な甘辛バランスが、新鋭女優の存在感を一層引き立てる。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100   全身画像©Getty Images

READ MORE

第74回カンヌ国際映画祭

The 74th Festival de Cannes

2013年、19歳の若さで最高賞パルム・ドールを受賞したアデル・エグザルホプロスは、カンヌとは切っても切れない間柄。今回はエマニュエル・ベルコ監督の新作『De son vivant(原題)』のプレミアに駆けつけた。ブルガリのアンバサダーである彼女がまとったのは、総計70カラット超えのエメラルドのネックレスと、センターに約14カラットのエメラルドをあしらったリング。深いVラインが美しいフェンディのベージュのジャンプスーツをセレクトし、ジュエリーが主役の巧みな引き算が成功。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100 全身画像©Getty Images

READ MORE

第93回アカデミー賞

The 93rd Academy Awards

ブルガリのブランドアンバサダーを務めるゼンデイヤは、チョーカーがセットになったハイジュエリー、“マニフィカ”のネックレスを着用。さまざまなコーディネートを楽しめる遊び心にあふれた逸品で、6カラットのイエローダイヤモンドがセットされたペンダントトップを取り外し、ブローチとしても使用可能。ジュエリーの色に合わせたヴァレンティノのドレスは彼女のために作られた一点物だそう。ナチュラルなダウンヘアで気取らずにスタイルアップ。 上半身画像、ジュエリー画像(ブルガリ ジャパン 03-6362-0100)  ©Getty Images

READ MORE

第78回ゴールデングローブ賞

The 78th Golden Globe Awards

丸刈りにして挑んだミュージカル映画、『Music(原題)』主演のケイト・ハドソン。胸元の大きく開いたルイ・ヴィトンのモノトーンドレスには、あえてノーネックレスで挑んだ。蛇を模したブルガリのアイコン“セルペンティ”の揺れるイヤリングに、ダイヤモンドのスタッズピアスをダブルで着用し、画面映えも◎。約14カラットあるクッションカットのサファイアがあしらわれたリングと総ダイヤモンドのブレスレットがさらなる煌めきをプラス。愛する家族と授賞式の瞬間を過ごせるのはリモート参加ならではの特権! 全身画像(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100)  ©Getty Images 

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈後編〉

Awards Around the World in 2020 <Part2>

【第77回ヴェネツィア国際映画祭(Venice International Film Festival)】 ブルガリの総計約80カラットのダイヤモンドのネックレスを颯爽とまとって、『Miss Marx(原題)』のプレミアに登場したアメリカ人トップモデル、アリゾナ・ミューズ。古代ギリシャ・ローマ時代より「英知」や「永遠」のシンボルとされている蛇を象った“セルペンティ”のイヤリングとリングをコーディネート。ざっくりとかきあげたヘアと、アルベルタ フェレッティのエアリーな素材のドレスが相まって、バランスの良い軽やかなスタイリングを披露した。 ジュエリー写真(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈後編〉

Awards Around the World in 2020 <Part2>

【第77回ヴェネツィア国際映画祭(Venice International Film Festival)】 第77回ヴェネツィア国際映画祭でオフィシャルホストを務めた女優、アンナ・フォリエッタは、ブルガリ4変化を披露。まずは、新作ハイジュエリー“バロッコ”のサファイアのイヤリングとリング、総ダイヤモンドのブレスレットでエレガントなムードを放つ。翌日はターコイズ×ダイヤモンドをあしらったネックレスと、6カラットのダイヤモンドリングを着用。日焼けしたヘルシーな肌とグラマラスな黒のマーメイドドレスとも好バランス! 夕日に輝くルビーのリングと、色彩豊かなビーズの装飾が揺れるドレスの日は、妖艶さを演出。さらに同じリングを、グッチの刺繍入りドレスに合わせるとその印象が一変。切りっぱなしのナチュラルヘアと笑顔が愛くるしい。 ©Getty Images

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈後編〉

Awards Around the World in 2020 <Part2>

【第77回ヴェネツィア国際映画祭(Venice International Film Festival)】 イタリアの女優、スヴェヴァ・アルヴィティとパートナーで俳優のアントニー・ドロンは、ともにブルガリをまとって仲良く登場。彼女の首元に煌めくのは、敷き詰められたダイヤモンドに5石のエメラルドがセットされた“バロッコ”のネックレス。ヴァレンティノのネイビーのドレスと手袋、タイトにまとめたヘア、というクラシカルな装いに、幾何学的なジュエリーを投入することでモダンに仕上げて。洗練された紳士の魅力を放つアントニーの腕には、超薄型で高性能かつスタイリッシュなブルガリの“オクト フィニッシモ”の時計がチラリ。 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈後編〉

Awards Around the World in 2020 <Part2>

【第72回エミー賞(Emmy Awards)】 第72回エミー賞は、オンライン参加という新形態で開催。なかでも、ドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」でエミー賞史上最年少の主演女優賞を受賞し、アルマーニ プリヴェ×ブルガリの見事な着こなしを披露してくれたゼンデイヤに拍手! 事前VTRでは、アメシスト、ルベライト、ダイヤモンドをあしらったネックレスを主役に、3点のダイヤモンドリングとエメラルドリングをレイヤード。オンライン発表では、“セルペンティ”のブレスレットに、オパールとダイヤモンドをあしらったイヤリング、ダイヤモンドリングを合わせて、喜びを爆発! ©Getty Images

READ MORE

2020年 世界のレッドカーペット総集編〈前編〉

Awards Around the World in 2020 <Part1>

【第26 全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)】 モノトーンや落ち着いた色の装いが多かったSAGアワードで、ひときわ目を引いたのが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で注目を集めるダナイ・グリラ。鮮やかなオレンジ色のドレス+ブルガリで完璧! 7色のカラージェムを贅沢にあしらった“ディーヴァ ドリーム”のネックレス、ダイヤモンドのスタッズピアス、“セルペンティ”のリング、15カラットのトルマリンを配したリング……と、隣のルピタ・ニョンゴに勝るとも劣らない、グラマラスなスタイルで魅了。 ジュエリー写真(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

セレブのエンゲージリング スタイル

The Celebrity Engagement Ring Style

20世紀の大女優、エリザベス・テイラーは生涯8度も結婚したが、特にブルガリとは縁が深い。4番目の夫、エディ・フィッシャーから贈られたブローチはブルガリの‟トレンブラン”。ドラマティックな花モチーフが印象的だ。映画『クレオパトラ』のローマでの撮影中に恋に落ちたのは、5番目の夫、リチャード・バートン。ブルガリ本店のプライベート商談室が隠れ家だった。婚約指輪として知られるエメラルドリングは、リチャードが初めて選んだジュエリーで、その後、結婚の証として贈ったのがステップカットを施した23.44カラットのブローチ。まさにエジプトの“クレオパトラ鉱山”から採掘されたエメラルドだというから、バートンの意図あり? 結婚式でも女王リズを引き立てている。 ジュエリー写真(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100)  ©Getty Images

READ MORE

第92回アカデミー賞

The 92nd Academy Awards

昨年、『キャプテン・マーベル』で大活躍を見せたブリー・ラーソンの今年の役目は、プレゼンター。1万3000個以上のスワロフスキークリスタル、12万個以上のスパンコール、11万個以上のガラスビーズという、まるでジュエリーのようなセリーヌのドレス&ロングケープを着こなして。華美過ぎない洗練されたムードの理由は、ブルガリの“セルペンティ”の細めのリングやブレスレットにあり。ナチュラルなメイクに“ディーヴァドリーム”のイヤリングの組み合わせもグッドバランス! ©Getty Images

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

プレゼンターを務めたグウィネス・パルトロウの胸元にウルトラCが! ブルガリの‟フィオレヴァー”のネックレスが、まるでその輝きを出し惜しみするかのように、フェンディのシースルードレスの下に……。 総計100カラット以上のダイヤモンドがあしらわれているにもかかわらず、こんな着こなしに挑戦するとはさすがグウィネス! 肌がこんがり日焼けしているので、豪華なダイヤモンドジュエリーがさらに軽やかでスタイリッシュに感じられる。ヘルシーなヘアメイクと王道ダイヤモンドの組み合わせも、今季のレッドカーペットの気分を牽引中! ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

シンシア・エリヴォは、アフリカ系アメリカ人の奴隷解放運動家を描いた『ハリエット』で、見事、主演女優賞と主題歌賞にダブルノミネート。その感動さながら、約40カラットのサファイアが配されたブルガリのネックレスにも陶酔している様子。価格はなんと3億円超え! 左手のサファイアのリングもその自信に満ちあふれた表情に映え、まるで彼女にパワーを与えているかのよう。ちなみに、この日のためにホワイトに染めたヘアと褐色の肌に似合うトム ブラウンのドレスは、制作に800時間かかったとか。スパンコールやパールがびっしり! ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100 全身写真©Getty Images

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

スカーレット・ヨハンソンは『マリッジ・ストーリー』で演じた情熱的なヒロインを思い出させるかのように、真っ赤なドレス姿。本作で主演女優賞にノミネートされたこともあり、総計120カラット以上のダイヤモンドがあしらわれたブルガリのネックレスで、ハリウッドのトップ女優の貫禄をしっかりアピール。さらにダイヤモンドのブレスレット&ピアスで、王道セレブ感を盛り上げて。婚約者のコリン・ジョストとは、終始熱々ムード! ©Getty Images

READ MORE

2019年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2019

【アメリカン・ミュージック・アワード 2019】 11月のアメリカン・ミュージック・アワードにて、圧巻のパフォーマンスで会場を盛り上げたのは、ブルガリのジュエリーをまとったデュア・リパ。1石35.64ctもあるエメラルドのネックレスが、このコーディネートの主役であること間違いなし。さらに“セルペンティ”のブレスレットと右手薬指のリング、それぞれにあしらわれたエメラルドのグリーンが、差し色として輝いて。ミュウミュウのドレス&ポニーテールで無邪気にはしゃぐ姿が愛らしい。ファッションモデルでもある新世代ディーバの堂々たる着こなしに拍手! ©Getty Images

READ MORE

2019年パーティまとめ

Various Parties in 2019

第76回ゴールデングローブ賞授賞式の興奮冷めやらぬまま、アフターパーティに姿を見せたキキ・レイン。ブルガリ特有のボリューム感ある新アイコン、‟フィオレヴァー”のイヤリング、ブレスレット、リングを着用。4枚の花びらのデザインは、ローマ遺跡のフレスコ画などにも多く見られ、古来、美しさの象徴とされてきた。ヴァレンティノの軽やかなティアードドレスで、よりいっそう華やかなムードに。 ©Getty Images

READ MORE

2019年パーティまとめ

Various Parties in 2019

好きな色はライムグリーンと公言しているマイリー・サイラス。第91回アカデミー賞授賞式アフターパーティでも、エメラルドのグリーンが燦然と輝く、ブルガリの‟セルペンティ”のネックレスをセレクトした。総ダイヤモンドのブレスレットもブルガリのもの。他のリングとの合わせ着けで、ロックテイストに仕上げた彼女らしいスタイル! そして薬指には、イエローゴールドにダイヤモンドがセットされたニール・レーンの特注婚約指輪が。2019年8月にスピード離婚が報じられたが……リングの輝きに罪はない⁉ ©Getty Images

READ MORE

第72回カンヌ国際映画祭

The 72nd Festival de Cannes

デクスター・フレッチャー監督『ロケットマン』の上映会に、ブルガリを着用して姿を見せたベラ・ハディッド。英知や永遠のシンボル、蛇をモチーフとした“セルペンティ”のブレスレットには、サファイアとダイヤモンドが厳かにあしらわれて。右手にはセンターに約3カラットのマーキスカット・ダイヤモンドが配されたリング。仕上げは、軽やかにまとったディオールによるチュールのラッフルドレスのように、扇形が重なった“ディーヴァドリーム”の魅惑的なイヤリング。 ©Getty Images

READ MORE

第72回カンヌ国際映画祭

The 72nd Festival de Cannes

ジム・ジャームッシュ監督の『The Dead Don't Die(英題)』に出演したセレーナ・ゴメス。ルイ・ヴィトンのビスチェ+スプリットスカートで、大人の雰囲気をキープしつつ思わせぶりに素肌を露出して。そのデコルテと左手に華麗に輝くのは、ブルガリのハイジュエリー“チネマジア”だ。想像の世界で夢のような時間を過ごせるという、映画をテーマにしたこの新作。アール・デコ調デザインのダイヤモンドネックレスと、5カラットのセンターダイヤモンドを配したリングの見事な輝きは、まさに夢見心地。 ©Getty Images

READ MORE

METガラ2019 “キャンプ:ファッションについての覚書”

MET GALA 2019: “Camp: Notes on Fashion”

オスカー女優のルピタ・ニョンゴが、アトリエ ヴェルサーチのバタフライのようなドレスで会場に舞い降りた! カラフルなアイメイクにダークなリップでトレンド感をプラス、コームがそのまま刺さったヘアもおちゃめ。ブルガリの‟ヘリテージ”コレクションから選んだイヤリング、ブレスレットには、エキゾティックなカラーストーンが艶やかに輝く。2019年夏発売のハイジュエリーコレクションのグリーンサファイアのリングで、煌びやかさに拍車をかけた。 ジュエリー写真(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

METガラ2019 “キャンプ:ファッションについての覚書”

MET GALA 2019: “Camp: Notes on Fashion”

ブルガリのアンバサダー、ローラ・ハリアーは、ローマの円形建築物から着想を得た“ビー・ゼロワン”のリングとイエローゴールドにダイヤモンドをあしらったイヤリング、極め付けに“セルペンティ”のジュエリーウォッチを着用。ニコラ・ジェスキエールが特別にデザインしたルイ・ヴィトンのブラックレザーのミニドレスに合わせれば、モダンなグラディエーター風の着こなしに。無造作にかき上げたような黒×プラチナブロンドのピクシーヘアともグッドマッチ。 ©Getty Images

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

シャーリーズ・セロンは、ブルネットのボブで凛々しくイメージチェンジ。ディオールのブルーのドレスに、ブルガリのジュエリーを合わせて。首元に“セルペンティ”とシンプルな一連のダイヤモンドネックレスを重ねづけするとは、さすがの上級者テクニック! さらにブレスレットにも“セルペンティ”をセット使い。『タリーと私の秘密の時間』では役作りのため23キロ増量するなど“カメレオン女優”という異名を持つ強く美しい彼女にぴったりのチョイス! ©Getty Images

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

『クレイジー・リッチ!』のジェンマ・チャンは、ブルガリの“ディーヴァ ドリーム”のイヤリングを揺らめかせて登場。古代ローマ、カラカラ浴場の壁面のモザイクにインスパイアされた同コレクション、イヤリングはエメラルドのグリーンが差し色となり、よりエレガントな印象を与えている。装いは、ゴールデングローブ賞のシックなドレスから一転、ヴァレンティノのピンクで可憐なムード。まるで鳥が舞い降りたような佇まいに、カメラのシャッター音が止まらない! ©Getty Images

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

『ブラック・クランズマン』に出演したローラ・ハリアー。ガラスビーズやクリスタルが刺繍されたミントブルーのルイ・ヴィトンのドレスに、エメラルド×ルビー×ダイヤモンドのブルガリのジュエリーをまとって、“カラフルに”元気に登場! ビタミンカラーのオレンジのネイルで、さらにヘルシーな魅力をプラスしている。ブルガリといえば色石が自慢のジュエラー。同ブランドのアンバサダーを務める彼女が、カラフルスタイルで勝負に出たのも納得。 ©Getty Images

READ MORE

第76回ゴールデングローブ賞

The 76th Golden Globe Awards

映画『タリーと私の秘密の時間』で主演女優賞候補にノミネートされたシャーリーズ・セロン。4枚の花びらをイメージしたブルガリの“フィオレヴァー”のリングとイヤリングをまとって。イタリア語で花を意味する「フィオーレ」と英語の「フォーエバー」からの造語であるこのシリーズは、“永遠に”輝きを失わないベテラン女優にお似合い! 地金がホワイトゴールドなのでセクシーさは控えめ、露出度の高いディオールのドレススタイルもヘルシーに。主要4部門にノミネートされた映画『ブラック・クランズマン』の監督スパイク・リーと歓談し、誰よりも夜会を楽しんでいるよう。 ©Getty Images

READ MORE

第76回ゴールデングローブ賞

The 76th Golden Globe Awards

ブルガリのアンバサダーである女優のローラ・ハリアーが選んだのは、1980年代にインスパイアされたハイジュエリー コレクション“ワイルドポップ”だ。ダイヤモンドとオニキスをあしらったイヤリングとリングで、まさに「ワイルド」で「ポップ」な雰囲気をまとって。肩が強調されたルイ・ヴィトンのボディコンシャスなスパンコールドレスで、ジュエリーのテーマに合わせた80年代の絢爛さを演出。実話をもとにした話題作『ブラック・クランズマン』に出演、今後の活躍にも目が離せない。 アップ写真(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

第76回ゴールデングローブ賞

The 76th Golden Globe Awards

ノミネート作品『ブラックパンサー』では、アフリカ文化からインスパイアされた衣装やジュエリーも注目度大。ルピタ・ニョンゴの褐色の肌を飾るのは、ブルガリのダイヤモンドジュエリー。イヤリング、リング、さらに左手にはジュエリーウォッチ“セルペンティ”を着用。モチーフである蛇の瞳に配された石に合わせ、エメラルドのリングで華麗に登場。イヤリングの動きに合わせるように、カルバン・クラインのドレスのフリンジが揺らめく。コバルトブルーのドレスと、それに合わせた青いマスカラもおしゃれ。 正面写真(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100)  ©Getty Images

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第60回グラミー賞Grammy Awards】ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンにて1月28日に行われた「グラミー賞」。記念すべき60回目は、ブルーノ・マーズとケンドリック・ラマーの快挙で幕を閉じたが、ブルガリのジュエリーをグラマラスにまとって華を添えたのが、このカミラ・カベロ。ホワイトゴールド×ダイヤモンドがゴージャスに揺れる‟セルペンティ”のイヤリングが、キューバ出身ならではのエキゾティックな黒髪や顔立ち、ヴィヴィアン・ウエストウッドの情熱的な赤のドレスとマッチ! アップ写真 ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100 全身写真©Getty Images

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【2018ビルボード・ミュージック・アワードBillboard Music Awards】5月20日にラスベガスで開催されたビルボード・ミュージック・アワードでは、人気上昇中の歌姫、デュア・リパがキレのいいジュエリースタイルを披露。胸元と耳元でブルガリの“セルペンティ”がダイナミックなデザインと輝きを放つ。ネックレスにはマラカイトとダイヤモンドを、蛇の鱗のように幾何学的にセッティング。エメラルド、コーラル、そしてダイヤモンドで作り上げたスネークヘッドのイヤリングからも目が離せない! 正面向き写真©ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100  横向き写真©Getty Images

READ MORE

2018年パーティ総まとめ

Various Parties in 2018

同じく第90回アカデミー賞授賞式のアフターパーティで、吸い寄せられるように目を引いたロシア出身のベテランモデル、ナターシャ・ポーリー。ロマンティックなピンクのミューズドレスの胸元には、ブルガリ“セルペンティ”のネックレスが輝く。花モチーフや色石を合わせるのが妥当?と思うことなかれ。トップモデルは、ブルガリ誕生の地・ローマの美神の如く、ホワイトゴールド×ダイヤモンドの蛇の気高いオーラをほしいままにして。 ©Getty Images

READ MORE

2018年パーティ総まとめ

Various Parties in 2018

人気急上昇中のローラ・ハリアーは、第71回カンヌ国際映画祭期間に行われた「amfAR(米国エイズ研究財団)」のチャリティガラに出席。フレッシュなブルーのスリップドレスに合わせたのは、アンバサダーを務めるブルガリの“セルペンティ”のジュエリー。ネックレスは特に人気のアイテムだけにつけこなしに注目が集まるが……。ローラは何と、蛇の顔を背中側にして着用。通常とは反対なのにとてもスタイリッシュ! 褐色の肌色にもベストマッチ。 ©Getty Images

READ MORE

第71回カンヌ国際映画祭

The 71st Festival de Cannes

一昨年、大胆なスリット入りドレスで初お目見えし、注目を集めたベラ・ハディッド。今やすっかり常連の風格だが、ジュエリースタイルも驚くほど洗練度アップ! アンバサダーを務めるブルガリのジュエリーを、ドレス、ヘアスタイルとともに日ごと変えて登場した。真っ赤なディオールのドレスには“ディーヴァ ドリーム”。マザーオブパールのダイヤルが際立つ“セルペンティ”のタイムピースや、華やかなイタリア庭園がモチーフの“イタリア―ニ ジャルディーニ”の堂々とした着けこなしに拍手! ©Getty Images(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100

READ MORE

第71回カンヌ国際映画祭

The 71st Festival de Cannes

ソフィア・ブテラはブルガリに夢中のよう。出演映画『Fahrenheit 451(原題)』のプレミアでは、淡いパープルピンクのドレスの胸元にトルマリン、アメシスト、ペリドット、ダイヤモンドをあしらったネックレス。黒のドレスにはダイヤモンド、サファイア、エメラルドを配した“セルペンティ”のネックレスとダイヤモンドリング、さらに歴史上もっとも“神秘的な動物”と称される毒蛇にインスパイアされた“セルペンティ ヴァイパー”のブレスレットとリングを重ね着け。そして別日には“セルペンティ”の時計も着用。蛇はもしやソフィアの守り神? ©Getty Images(ブルガリ ジャパン ☎03-6362-0100)

READ MORE

METガラ 2018 “天国のボディ:ファッションとカトリックのイマジネーション”

MET GALA 2018 “Heavenly Bodies:Fashion and the Catholic Imagination”

ブルガリのアンバサダーとして、広告キャンペーンモデルを務めるリリー・オルドリッジのジュエリーチョイスは、やっぱりブルガリ。文字通り「祝祭」を意味する“フェスタ”をメインにエメラルド×ダイヤモンドのネックレスを贅沢に重ねづけして、壮麗な雰囲気を醸し出す。その中にも軽やかさが漂うのは、ラルフ ローレンの鮮やかなイエローのシャツドレスに合わせたせい。フレッシュで瑞々しいカトリックスタイルがリリーらしい。 ©Getty Images(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100)

READ MORE

METガラ 2018 “天国のボディ:ファッションとカトリックのイマジネーション”

MET GALA 2018 “Heavenly Bodies:Fashion and the Catholic Imagination”

幼少の頃から肌に障害がありながらも、完璧なボディラインと明るいキャラクターで人気のモデル、ウィニー・ハーロウは、イノセントな“白”をクローズアップ。トミー ヒルフィガーのエンジェル風コルセットドレスに、まるで光輪のような大きなヘッドドレスを合わせ、投入したジュエリーはすべてブルガリのダイヤモンド。真っ白なその輝き、華やかに広がるヘッドドレスやスカートのシルエットが、彼女の個性的な肌や美しいボディと見事に調和して。 ©Getty Images(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100)

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

プレゼンターのゼンデイヤは、ブルガリの1930年代のアーカイブであるアールデコ調のイヤリングとブレスレットをオン。カラードレスが多い中、ドレープが波打つシックなブラウンレッドのドレスをチョイスして合わせるあたりに、センスの良さが際立つ。スモーキーに仕上げたメイク、トップノットにまとめたヘアもスタイリッシュ。仕上げに2カラットのセンターストーンをセットした“グリフ”のリングを添えて。 ©Getty Images

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

まるで女優のようなゴージャスな美貌と華麗なジュエリーの着けこなしに、熱い視線が集中! バンクーバー冬季五輪スキー滑降の金メダリスト、リンゼイ・ボンが選んだジュエリーはブルガリ。なかでも、大ぶりのルビーをダイヤモンドが取り巻くピースがズラリと並んだチョーカーの迫力は圧倒的。プラチナブロンドの髪、レースやスパンコールをふんだんに使った黒のドレスと調和しながらもほどよく主張し、“大物ジュエリーセレブ”の片鱗を感じさせて。 ©Getty Images

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

出演した『スリー・ビルボード』が、ゴールデングローブ賞に続き作品賞にノミネートされ、注目度が高まるサマーラ・ウェイビング。アカデミー賞では赤をキーワードに、スキャパレリの軽やかなミューズドレスとブルガリのジュエリーを巧みにコーディネート。耳元にはカボションカットが施されたルベライト×アメシストのイヤリングが揺れ、指にもルベライトのリングが輝く。まるでフルーツのようにジューシーで美味しそう? ©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

ブルガリのアイコン、“セルペンティ”を着けこなしたアリシア・ヴィキャンデルにも熱い視線が。ドレスは広告モデルに抜擢されて以来、お気に入りのルイ・ヴィトン。スタンドカラーとレースがあしらわれた修道女風の静謐なドレスに、ダイヤモンド、アクアマリン、サファイアを配したグラマラスな“セルペンティ”は意外な組み合わせ? でもとっても新鮮! 彼女自身が醸し出すソフィスティケートされた雰囲気がすべてを調和させていて見事。 ©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

この日も多くのセレブに選ばれたブルガリのアイコンジュエリー“セルペンティ”を、独自のチョイス&着けこなしで披露したローラ・ダーン。イヤリングとリングはウッドとダイヤモンドがあしらわれた逸品、腕元には漆黒のセラミックにダイヤモンドが煌めくタイムピースが。モダンなデザインのドレスからのぞくヘルシーな肌に、ミステリアスな蛇モチーフのジュエリーが、実はグッドマッチ。リミテッドシリーズ/テレビ映画部門で助演女優賞を獲得し、その笑顔をさらに際立たせて。 ©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

製作総指揮も務めた「The Sinner -記憶を埋める女 -」で、リミテッドシリーズ/テレビ映画部門主演女優賞にノミネートされたジェシカ・ビールは、ブルガリのジュエリーとディオールのドレスでクラシックな装いを演出。イヤリングはリボンモチーフにダイヤモンドをあしらった1950年代のもの、重ねづけしたブレスレットは1930年代のもの。そしてリングは蛇モチーフの“セルペンティ”。胸元の透け感が優美なドレスとともに、クラシカルビューティ、ジェシカを盛り上げた。 ©Getty Images

READ MORE

第70回カンヌ国際映画祭

The 70th Festival de Cannes

妖艶さがアップグレード、大人の深みが増したベラ・ハディッドのジュエリーはともにブルガリ。ヌードカラーのドレスのデコルテには“フェスタ”コレクションより、 180カラット(!)のカボションカットサファイアとダイヤモンドをあしらったネックレスが輝く。ディオールの真っ赤なキルティングドレスには、おなじみ“セルペンティ”。同じブレスレットを去る5月1日に行われたMETガラでも着用していたが、全く異なる印象に着けこなしていて見事! ©Getty Images

READ MORE

METガラ 2017 “川久保玲/アヴァンギャルド”

The MET Gala 2017 “Rei Kawakubo/AVANT-GARDE”

モデルでは注目度ナンバーワン! ベラ・ハディッドは、ブルガリの“セルペンティ”の豪華なブレスレットを両腕に、さらに耳元にもヘビをインプット。背中が大きく開いたアレキサンダー ワンのセクシーなボディスーツに合わせ、颯爽とレッドカーペットを闊歩する。色はモノトーンに抑え、ジュエリーとボディの魅惑的なラインだけを強調し、彼女なりのアヴァンギャルドを表現。アレキサンダー・ワンとの2ショットもクール! ©Getty Images

READ MORE

METガラ 2017 “川久保玲/アヴァンギャルド”

The MET Gala 2017 “Rei Kawakubo/AVANT-GARDE”

リリー・オルドリッジは、バレンシアガの白のワンショルダードレス+ピンクのフェイスベールで、エキゾティックさを強調。耳元と指元には、自身がミューズを務めるブルガリの“ディーヴァ ドリーム”をコーディネートして。ピンクのベール越しに煌めくダイヤモンドは、どこかストイックな印象で逆に新鮮! 赤のサイハイのソックスブーツや、センターでぴったり分けた黒髪も東洋的な美しさを意識? ©Getty Images

READ MORE

第89回アカデミー賞

The 89th Academy Awards

リッチな黒い髪と肌、真っ白なカルバン クラインのドレス、そして仕上げはブルガリのダイヤモンドジュエリー。モダンでシンプル、隙のないジュエリースタイルで魅了したのは、作品賞に輝く『ムーンライト』で助演女優賞にノミネートされたナオミ・ハリス。色は控えめにモノトーンでまとめ、揺れるシャンデリアイヤリングのドラマティックな輝きを際立たせて。実は、ドレスもジュエリーも構築的なデザインを選んでいるのが、着こなしの成功ポイント。(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

第89回アカデミー賞

The 89th Academy Awards

昨年『リリーのすべて』でオスカーを手にしたアリシア・ヴィキャンデルは、プレゼンターとして登場。ジュエリーは最近もっぱらお気に入りのブルガリ。扇モチーフが連なる“ディーヴァ ドリーム”のダイヤモンドのネックレスと、ダイヤモンド×マザーオブパールをあしらったリングを選んで。ドレスはキャンペーンモデルも務めるルイ・ヴィトンのカスタムメイド。黒の総レースによる立体的なシルエット+大胆なジュエリーで、グラマラスなスタイルが完成。(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100、ルイ・ヴィトン クライアントサービス☎0120-00-1854) ©Getty Images

READ MORE

第89回アカデミー賞

The 89th Academy Awards

空前の話題をさらった作品賞の発表シーン。50周年を迎えた映画『俺たちに明日はない』で共演したこの日のプレゼンター、フェイ・ダナウェイとウォーレン・ベイティがアナウンスした作品名が、実は間違っていた!! という前代未聞の事件発生。この時、フェイ・ダナウェイが着用していたジュエリーは、ブルガリ“ディーヴァ ドリーム”のイヤリング&リングと“ビー・ゼロワン”のリング。ハプニングの渦中でも洗練された輝きをしっかりキープ、それも名女優とブルガリの実力かも? (ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

第74回ゴールデングローブ賞

The 74th Golden Globe Awards

ブルガリのアイコンジュエリー“セルペンティ”で勝負したのは、インスタグラムのフォロワー130万人を誇るゾーイ・サルダナ。ルビーやエメラルド、ダイヤモンドで彩られた魅惑的なヘビモチーフが、ゾーイの褐色の肌を魅惑的に飾る。ブレスレットに代わり、あえてジュエリーウォッチを選んだのも新鮮! ピンクのグラデーション&フリルがポイントのグッチのシフォンドレスと相まって、漂うのは優美かつミステリアスなムード。(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

魅惑のジュエリースタイル アイコン

JEWELRY-STYLE ICONS

【Elizabeth Taylor × BVLGARI】 エリザベス・テイラーは実に8回もの結婚・離婚を経験し、数多くのジュエリーを贈られ、身に着けたが、ブルガリだけは特別だ。最も情熱的な関係にあった5番目の夫、リチャード・バートンの愛の証こそ、ブルガリ。『クレオパトラ』(1963年)撮影中のローマで恋に落ち、ブルガリ本店を隠れ家に愛を育んだ話も有名である。バートンは1962年、7.4カラットのエメラルドをダイヤモンドが取り巻くリングを贈り、婚約記念に同デザインのブローチ、結婚記念にはそのブローチをヘッドに着けられるネックレスを贈った。大胆なデザインや深みのあるエメラルドの輝きは、リズの妖艶な眼差しや黒髪、曲線的なボディを際立たせ、やがてリズのシンボルジュエリーとなる。今、リズのようなエキゾティック&グラマラスなスタイルを演出するなら、やはりブルガリの大胆なデザインとエメラルドは狙い目。クールなサファイアを取り入れるのもいい。 ネックレス(PT×DIA×エメラルド)¥637,500,000(予価) リング〈上〉「ジャルディーニ・イタリアーニ」(WG×DIA×エメラルド)¥7,500,000(予価) リング〈下〉「ディーヴァ ドリーム」(WG×DIA×エメラルド×サファイア)¥31,250,000(予価)/以上ブルガリ(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100) ©Getty Images、Album/Aflo

READ MORE

2016年パーティ総まとめ

Various Parties in 2016

『リリーのすべて』でオスカー像を手にし、ルイ・ヴィトンのミューズとしても人気上昇中のアリシア・ヴィキャンデル。ジュエリーはこのところもっぱら、ブルガリがお気に入りのよう。とはいえ、グラマラスというより、モダンでシンプルなブルガリを選ぶのがアリシア流。MET GALAではゴールドを基調にしつつもエフォートレスに、ドレスとジュエリーをバランスよくコーディネートして好印象。(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

2016年パーティ総まとめ

Various Parties in 2016

ニューヨークファッションウィーク中の9月12日、ブルガリが新アンバサダーを発表! アップカミングなモデル、リリー・オルドリッジが就任し、「光輝く地中海ルネサンス時代の美を備えている素晴らしいモデル」とブルガリからお墨付きをゲット。この日のリリーのジュエリーは、センシュアルな“セルペンティ”のネックレス+α。シルクのキャミソールとパンツというさり気ない装いに合わせ、エフォートレスなムードで着けこなすあたりはさすが。(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

『ジュリエッタ』のプレミアに現れたモデルのカーリー・クロス。最近はテレビのレポーターなども務め、カンヌでも注目の的。ブルガリのアイコン〝セルペンティ“のイヤリングとリングをルイ・ヴィトンの煌めくドレスに合わせてポーズ! 黒のマルケーザの優雅なドレススタイルも長身のカーリーにぴったり。(シルバードレス写真ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100) ©Getty Images

READ MORE

第69回カンヌ国際映画祭

The 69th Festival de Cannes

ナオミ・ワッツを最高に輝かせたジュエリーは、今回もブルガリ。オープンニングでは色石をちりばめた新作ハイエンドピースをアルマーニプリヴェのドレスに合わせて。『マネーモンスター』のプレミアで選んだのは“セルペンティ”のイヤリングと“ディーヴァ ドリーム”のリング、マイケル・コース コレクションのシンプルなスリップドレス。レッドカーペット常連の風格とこなれ感に拍手! (ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100)

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

スレンダーボディと最旬トレンドをキープするナオミ・ワッツ。この日の装いは、アルマーニ プリヴェのドレス+ブルガリのジュエリー。昨年はヘビモチーフに夢中だったけれど、今回は優美なダイヤモンドネックレスと“ディーヴァ・ドリーム”のリングを選択。ただしクラッチは、ヘビの瞳にジェイドがあしらわれたリザード素材の“セルペンティ”。(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100) ©PictureLux/Aflo

READ MORE

第73回ゴールデングローブ賞

The 73rd Golden Globe Awards

ブルガリのジュエリーで魅了したのはプレゼンターのオリヴィア・ワイルド。ネックレスはカーネリアン×ダイヤモンド、人差し指のリングは37カラットのルベライト、クラッチバッグもブルガリのセルペンティ。マイケル・コースの真紅のドレスとのカラーバランスもお見事! ダイヤモンド着用が多いなか、深みのあるカラージェムが目を引いて。 ⒸJordan Strauss/Invision/AP/Aflo, Getty Images

READ MORE

2015年パーティ総まとめ

Various Parties in 2015

6月10日、フィレンツェのヴィラ・ディ・マイアーノで行われたブルガリの“イタリアーニジャルディーニ”コレクションのガラディナー。イメージキャラクターを務めるカーラ・ブルーニの着こなしはやっぱり秀逸。黒のスモーキングジャケットの胸元に大ぶりのペンダントを着け、ブレスレットと“セルペンティ”のクラッチで仕上げて。(ブルガリ ジャパン☎03-6362-0100)

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

美しいVカットの胸元に輝くのは、タッセル付きのペンダントトップがエキゾチックな、ブルガリのダイヤモンドネックレス。これを主役に、フェザーやビジューがふんだんに使われたエリー・サーブのドレスでオープニングに出席したナオミ・ワッツ。色はグレーのワントーンに抑え、素材を重視した大人のスタイルは洗練の極み。 Photos: Getty Images

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

ナオミ・ワッツのブルガリへの愛はカンヌでピークに?『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のプレミアでは、イタリア庭園をイメージした“ジャルディーニ イタリアーニ”のジュエリーを着用。ラルフ ローレンの黒レースのドレスを翻してレディライクに。さらにヘビモチーフの“セルペンティ”で装う日もあり、シーン毎にイメージチェンジ術はさすが。 Photos: Getty Images

READ MORE

第68回カンヌ国際映画祭

The 68th Festival de Cannes

シエナ・ミラーはカンヌのどんなシーンでも自分流を貫いていてさすが!ブルガリのチョーカーとソニア リキエルの黒ドレスで、王侯貴族気分で『キャロル』のプレミアへ。『Macbeth(原題)』ではブルガリのカラーストーンと”セルペンティ”のバッグを着用。ランバンのワンショルダードレスでは往年の女優風を装い、冴えたおしゃれ感度をアピール。  Photos: Getty Images, REX FEATURES/Aflo, Getty Images

READ MORE

第72回ゴールデングローブ賞

The 72nd Golden Globe Awards

このところナオミ・ワッツはブルガリに夢中!この日も“セルペンティ”のネックレス、リング、クラッチバッグのフル装備で大満足のよう。美しい鎖骨から首元に巻きつくダイヤモンドのヘビは、ナオミの都会的で上品なルックスにぴったり。グッチのシンプルなイエローのドレスや朱赤のリップが、明るい彩りをプラス。 Photos: AP/Aflo, Getty Images

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

個性派女優、ローラ・ダーンが助演女優賞にノミネートされてオスカーに登場。装いの主役は、ダイヤモンドとコインモチーフを組み合わせたブルガリの”モネーテ”のペンダント。そのエキゾティックなジュエリーに、アルベルタ フェレッティのビジュードレスがよく似合う。土臭くなり過ぎず、彼女のアンニュイな魅力を引き出す、素敵なチョイス。 Photos: Getty Images, Reuters/Aflo

READ MORE

ページトップへ