TIFFANY & CO.

ティファニー

1837年、チャールズ・ルイス・ティファニーがニューヨークに創業。1886年、エンゲージリングのスタンダードスタイルである“ティファニーセッティング”を考案。ダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すため、爪で持ち上げるデザインは当時の画期的発明だった。銀製品、テーブルウェア、レザー小物なども展開。1837年から使用されている箱のティファニー ブルーはアイコニックなブランドカラー。

愛と運命のジュエリー 02 / 今、よみがえる。セレブが愛した至高のジュエリー、セレブを彩った伝説のジュエリー

ティファニー×華麗なるスターたち TIFFANY and the Fantastic Stars

ティファニーの歴史はさまざまなスターに彩られてきた。時代を予見した創業者と息子はビジネス界のスター。オードリー・ヘプバーンはティファニーを舞台にドラマを演じた銀幕のスター。そして伝説のスターデザイナーや現代のセレブたち……彼らとの蜜月から生まれたティファニーの軌跡を追う。

  • 〈上〉映画『ティファニーで朝食を』でNY本店のショーウィンドウを覗くオードリー・ヘプバーン。5番街57丁目のこの場所は、今も記念撮影スポットとしておなじみだ。
  • 〈右上〉1886年に発表された不朽の名作エンゲージリング「ティファニー セッティング」。
  • 〈右〉劇中でネックレスとして着用された伝説の「ティファニー ダイヤモンド」。

〈左〉若き日の創業者。〈上〉第一号店のイラスト。巨大なイエローダイヤモンドは「ティファニー ダイヤモンド」と呼ばれ、現在もNY本店に展示されている。名作「ティファニー セッティング」は世界中の花嫁の憧れ。

ティファニー創世記、運命の時を読み取った伝説の男たち(1837年~)

1837年9月、好況に沸くNYのブロードウェイ259番地で産声を上げたティファニー。創業者、チャールズ・ルイス・ティファニーの確かな眼で選ばれた、贅沢なアクセサリーやステーショナリーは大評判を呼んだ。やがて彼はヨーロッパ貴族から多数のダイヤモンドを買い付け、1848年にジュエリー業界に進出。1878年には128.54カラットの「ティファニー ダイヤモンド」、1886年にはエンゲージリング「ティファニー セッティング」を発表した。ともに、今に受け継がれる名作である。そして1902年、息子のルイス・コンフォート・ティファニーがデザインディレクターに就任。アールヌーボーの時代に寵児として脚光を浴びる。ティファニーのジュエリーはライフスタイル全般をカバーし、アートとしての価値も高めていくことになるのだった。

〈左〉創業者の息子、ルイス・コンフォートは、ティファニー初のデザインディレクターとして、自身の優雅なライフスタイルも注目の的に。アールヌーボー時代のスターとして蝶モチーフのブローチ等の名作をクリエイト。


〈左上〉1970年の発売時に旋風を起こしたエルサ・ペレッティの代表作「ボーン カフ」は現在も人気。21世紀の大ヒット作『セックス・アンド・ザ・シティ』にも登場する。
〈上3点〉61年『ティファニーで朝食を』ではジーン・シュランバーゼーが「ティファニー ダイヤモンド」を使ってデザインした豪奢なネックレスをオードリーが着用。

スター黄金期、到来!デザイナーも脚光を浴びたティファニー新時代(1940年~)

何度か移転を重ねたNY本店が、現在の5番街と57丁目の角に定まったのは1940年。戦争の混乱を経て、鮮やかに幕を開けたのは、映画スターやスターデザイナーたちが後押しする、ティファニーの新時代である。なかでも1961年の映画『ティファニーで朝食を』が与えたインパクトは大きい。本店を舞台にオードリー・ヘプバーンが繰り広げるドラマは、彼女の美しさとともにティファニーの魅力を広く世界に知らしめた。また1950年代より、ジーン・シュランバーゼーやエルサ・ペレッティなど、自らの名を掲げたスターデザイナーたちがティファニーで活躍。時のファーストレディ、ジャクリーン・ケネディ等、目利きの著名人はデザイン性の高い逸品に心酔してゆく。

〈左〉60年代のアイコン、ジャッキーはシュランバーゼー作エナメルブレスレットを愛用。後に「ジャッキーブレスレット」と呼ばれる。
〈右〉53年『紳士は金髪がお好き』のマリリン・モンロー。劇中歌「ダイヤモンドは女の一番の親友」で“それはティファニー!”と熱唱。

21世紀、ヒット映画はティファニーでいっぱい!(2000年~)
13年『華麗なるギャツビー』では、主演のキャリー・マリガン&レオナルド・ディカプリオが身に着けるジュエリーをすべてティファニーが制作。原作者のF.フィッツジェラルドもティファニーの顧客だった。

2000年代に入ると、ヒット映画に続々とティファニーが登場。等身大のヒロインたちのおかげで、ティファニーのジュエリーはぐっと身近になる。例えば2001年『ブリジット・ジョーンズの日記』でレネー・ゼルウィガー演じるアラサー女子は、「オープンハート」を愛用。ケイト・ハドソン&アン・ハサウェイ主演の09年『ブライダル・ウォーズ』では、ティファニーの婚約指輪がストーリーのカギになった。一方、映画用に特別にジュエリーを制作して話題となったのが、13年『華麗なるギャツビー』。1920年代調の衣装とともに華やかな輝きをまとうキャリー・マリガンは多くの注目を集めた。


〈左〉01年『ブリジット・ジョーンズの日記』に「オープンハート」が登場。恋と仕事とダイエットに夢中のアラサー女子と絶妙マッチ。
〈中〉リース・ウィザースプーンが01年『キューティ・ブロンド』で身に着けていたのは「リターン トゥティファニー」のブレスレット。
〈右〉09年『ブライダル・ウォーズ』でケイト・ハドソン演じるヒロインは「ティファニー ノヴォ」のエンゲージリングを贈られる。

02年『メラニーは行く!』でリース・ウィザースプーン演じるメラニーは何と、NY本店でプロポーズされる! 他にも01年『オーシャンズ11』、08年『セックス・アンド・ザ・シティ』、09年『お買いもの中毒な私!』など、映画のヒロインはティファニーに夢中だ。

就任時に発表された「ティファニー T 」がいきなり大ヒット!現在ティファニーの全デザインを監修しているフランチェスカはジュエリーデザイナーと銀細工師という経歴を持つ。

2013年、同社初の女性ディレクターとして、フランチェスカ・アムフィテアトロフが就任。「ティファニー T」を大ヒットさせ、シリーズは現在もアップデート中だ。デイリーな装いにぴったりで、価格帯も幅広いのが人気の秘密だろう。その一方で、ハイジュエリーにも熱い視線が注がれ、アワードではセレブ御用達。また2016年11月、毎年秋に発表される「マスターピース」のイベントが初めて東京で開催され、伝説の「イエローダイヤモンド」も来日する。またさらにドキュメンタリー映画『ティファニー NY五番街の秘密』も公開。スターに彩られた華麗なるティファニーの歴史は今、節目を迎え、未来へと続いていくようだ。

新デザイナーに注目!セレブのオーラで輝きを増すティファニーの現在(2013年~)
ハイジュエリーはアワードセレブ御用達。リース・ウィザースプーンをはじめ、ジェシカ・ビールやケイト・ブランシェットなども頻繁に着用。


「ティファニー T」の広告モデルに、女優としては初めてルピタ・ニョンゴが起用され、話題に。もう一種の広告にはエル・ファニングが登場している。

ページトップへ