NIWAKA

ニワカ

1983年、京都に創業。日本や京都の伝統的な文様や情景をモチーフにしたジュエリーが特徴で、コレクションの名前にも“唐花”“花麗”といった日本語が用いられている。ハイジュエリー、ブライダルコレクションのほか、かんざしなども手がけている。

第92回アカデミー賞

The 92nd Academy Awards

『マリッジ・ストーリー』で助演女優賞を受賞したローラ・ダーン。胸元に黒の装飾を利かせたアルマーニ プリヴェの淡いピンクのドレスに、ニワカのジュエリーを合わせて登場。藤棚のように垂れ下がるイヤリングは“恋香”と名付けられたもの。丸みを帯びた花文様のおかげで優美に見えるのは、幅広の“唐花”のリング。さらに“叶”と“久遠”という名のブレスレットは、ベテラン女優の彼女が今でも第一線で活躍していることを讃美するように輝いて。 ©Getty Images

READ MORE

第92回アカデミー賞

The 92nd Academy Awards

カトリーナ・バルフの清楚な装いのカギは、真珠にあり。身にまとったリング、イヤリングは、ニワカの無調色真珠を使用したパールコレクション。本来は真珠層内部に染料を浸透させて加工するが、無調色真珠は天然の色をそのまま生かしたもの。ヴァレンティノの桜貝のような色のトップと好相性なうえ、真っ赤なリップもピリッと効いている。作品賞候補『フォードvsフェラーリ』では主人公の妻を見事に演じ、ひときわ目を引く存在。 ©Getty Images

READ MORE

第77回ゴールデングローブ賞

The 77th Golden Globe Awards

ドラマ「デッド・トゥ・ミー ~さよならの裏に」で、主演女優賞にノミネートされたクリスティナ・アップルゲイト。それ自体がジュエリーのように美しいドレスは、パメラ ローランドのもの。大きく開いた胸元にはあえて何もつけず、耳元のイヤリングに観客の視線を集めて。他に、ブロンドヘアにマッチするイエローゴールドのリングも、京都発・ニワカの“唐花”シリーズ。実は、乳がんで両乳房を切除したことを公表しているクリスティナは、術後、「生きていることは当たり前ではない」と発言。永遠の命という意味を持つ“唐花”が、彼女をより一層を輝かせる。 ©Getty Images

READ MORE

2019年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2019

【第24回 放送映画批評家協会賞(Critics’ Choice Awards)】 1月に行われた「第24回 放送映画批評家協会賞」でのルーシー・ボイントンは、ひと足早い春のような彩りのコーディネートを見せた。主役はニワカの“花籠”のリング。ツァボライト、グリーンアゲートで立体的な曲線の茎をイメージし、グラデーションによって自然の持つ微妙な色合いが表現されている。さらにアメジストが紫色の光を放つ“睡蓮”のリングの流麗なフォルムが指先を飾り、祇園祭から着想を得た“京ノ祭”のイヤリングもプラス。合わせたドレスはグッチのもの。 ©Getty Images

READ MORE

2019年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2019

【第61回グラミー賞】 61回目を迎えたグラミー賞の授賞式にパフォーマーとして抜擢されたジェニファー・ロペス。いつもより露出度控えめなラルフ&ルッソのタイトなロングドレスにはゴージャスなビジューの刺繍がきらめき、仕上げはドレスと同系色の大きな帽子。そのユニークなスタイリングをさらにランクアップさせるのがJ.Loお気に入り、ニワカのジュエリーだ。カルセドニー、アメジスト、アクアマリンといった異なる色石を紺碧の海のように表現した“海音”のリング、ブレスレット、イヤリングで品格を加えて。 ©Getty Images

READ MORE

2019年パーティまとめ

Various Parties in 2019

6月にハリウッドで開催された『X-MEN: ダーク・フェニックス』プレミアで、ひときわ注目を浴びていたジェニファー・ローレンス。その訳は、胸元に煌めくニワカのネックレスにあり! 日本古来の霞文様をモダンにデザインした‟八重霞”の流れるようなフォルムが、気品高い印象を与える。また腕元を飾るのは、雨上がりの京都の石畳にインスピレーションを得た‟京小路”のブレスレット。正方形のパーツに、大小異なるダイヤモンドが敷き詰められ、変化のある輝きを生み出す。シンプルながら存在感と凄みのある着こなしはさすが。 ©Getty Images

READ MORE

2019年パーティまとめ

Various Parties in 2019

7月27日、カリフォルニアで人気の植物園「ロータスランド」で、新装された日本庭園を祝うためのガラが開かれた。太鼓、折り紙などで演出された会場に現れたカミーラ・ベルが身にまとっていたのは、日本のトップジュエラー、ニワカの逸品。ダイヤモンドで雪の結晶をデザインした“花雪”のカクテルウォッチ、リングとピアスを、カジュアルな花柄のドレスにコーディネート。ニワカお得意の、自然美をロマンティックに表現したジュエリーが、彼女のナチュラルな魅力を見事に引き出して。 Photo by Stefanie Keenan

READ MORE

2019年パーティまとめ

Various Parties in 2019

第91回アカデミー賞授賞式のアフターパーティにて、ニワカのジュエリーを着けこなしたエミリー・ラタコウスキーの姿を発見。エンゲージリングでも人気の“花雪”のリング、ブレスレット、イヤリングの繊細なデザインが、雪の結晶のように舞い降り、彼女の曲線美を引き立てる。さらに、一点でも主役級の輝きを誇る、“ことほぎ”のダイヤモンドリングを贅沢に重ねづけ。ブロック コレクションのマーメイドドレスを大胆に着こなして、お祝いムードを盛り上げた。 ©Getty Images

READ MORE

2019年パーティまとめ

Various Parties in 2019

ジェニファー・ロペスは第91回アカデミー賞授賞式に引き続き、アフターパーティでもニワカのジュエリーをご指名。まず目を引くのは、京都の祇園祭から着想を得た“京ノ祭”のイヤリング。祭りのにぎやかさを表現した色とフォルムは、栄誉ある世界的映画祭のパーティにぴったり。さらに“那由多”、 “八重霞”、藤棚をモチーフにした“恋香”のリングと、全てブルーで統一して。ズハイル・ムラドのオートクチュールドレスと、ブルーのアイシャドウでセレブリティらしいゴージャスな装い。 ©Getty Images

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

プレゼンター、エミリア・クラークは、ハリウッドセレブに大人気のニワカのジュエリーを着用して、いざレッドカーペットへ! 古典文様や四季のモチーフが特徴的な同ブランドから、藤の花をモチーフにした“恋香”のイヤリング、永遠の美しさの象徴である花文様“唐花”のブレスレット、指には、水面に浮かぶ様子を表現した“睡蓮”のリングをコーディネートして、会場の視線を集めた。メタリックなラベンダーピンクのバルマンのドレスにもマッチ。 ©Getty Images

READ MORE

第91回アカデミー賞

The 91st Academy Awards

ジェニファー・ロペスは、全身にミラーのパーツがちりばめられた、トム フォードのボディコンシャスなドレスでポーズ! でも、ドレスよりも輝くのは? 耳元や指元に投入したニワカのダイヤモンドジュエリー。“唐花”のイヤリングはイエローゴールド、“八重霞”のリングはピンクゴールドの地金を選んでいる。煌めくミラーとダイヤモンドの中で、イエローとピンクのベースが浮き立つ、そんな着こなしがクール。左右に同じリングを着けている点も見逃さないで。 ©Getty Images

READ MORE

第76回ゴールデングローブ賞

The 76th Golden Globe Awards

テレビドラマ部門で助演女優賞にノミネートされた「ウエストワールド」シーズン2では、着物も着こなしているタンディ・ニュートン。実は日本びいき?ジュエリーはニワカをチョイス。石座に青海波文様をデザインした“久遠”のイヤリング2種類を重ね着けする、上級テクニックを披露した。海外セレブにもファンが多い霞文様の“八重霞”のリングは、中指と親指にバランスよく着用。総スパンコールのドレスをまとい、全身をシルバーカラーで視線を独占! ©Getty Images

READ MORE

第76回ゴールデングローブ賞

The 76th Golden Globe Awards

ドラマ「Homecoming(原題)」がテレビドラマ部門作品賞にノミネート、その監督である夫サム・エスメイルとともに登場したエミー・ロッサム。オーガンジーのピンクドレスに、ニワカのジュエリーを合わせて。イヤリングは、平安時代の身分の高い皇族や貴族だけが乗れた「御所車」の車輪をモチーフにしたもので、車輪が回り続けることから幸せが永遠に続くことを連想させる縁起物だ。賞レースに縁起物は必須? とはいえ賞は逃しても、新婚で幸せいっぱい! ©Getty Images

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第23回放送映画批評家協会賞(Critics’ Choice Awards)】ジェシカ・ビールのチョイスはニワカのジュエリー。‟久遠”のロングイヤリングがダークヘアと相まって、オリエンタルな印象を醸し出す。指元を彩るのは、京都の雨上がりの石畳を表現した‟京小路”と、日本の伝統的な霞模様がモチーフの‟八重霞“。日本の様式美を反映してグラフィカルにジュエリーを着けこなし、バッグにもドレスにも漆のような和風の赤を投入。 ©Getty Images

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第24回全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)】演技派女優としてはもちろん、レッドカーペットのおしゃれ番長として、もはや風格さえ漂うルピタ・ニョンゴ。この日のジュエリーは、3月のアカデミー賞でも着用、注目を集めたニワカ。イヤリングは、ダイヤモンドとサファイアがダイナミックな曲線を描く“京ノ祭”。リングにもブルーを投入、オートクチュールデザイナー、ラルフ&ルッソのシルバーのドレスに合わせてクールな魅力を披露した。 ©Getty Images

READ MORE

2018年 世界のレッドカーペット総集編

Various Awards Around the World in 2018

【第24回全米映画俳優組合賞(Screen Actors Guild Awards)】話題作『THIS IS US 36歳、これから』でドラマシリーズ アンサンブル賞を受賞したマンディ・ムーアの耳元には、ニワカの“花籠”がキラリ。ダイヤモンド、エメラルド、サファイアというシックなカラーコンビネーションで、草花モチーフを繊細に描いている。リングはレッドカーペットで大人気の“八重霞”。中指と薬指に並べて着けているのがとってもおしゃれ。ブルーのドレスはラルフ ローレン。 ©Getty Images

READ MORE

2018年パーティ総まとめ

Various Parties in 2018

2018年1月、第75回ゴールデングローブ賞授賞式のアフターパーティに現れたミランダ・カー。5月には再婚相手のエヴァン・スピーゲルとの間に男児を出産したが、パーティ時はふくよかなお腹を隠すことなく、ミランダ流のジュエリースタイルを披露した。選んだのはニワカで、雪の結晶を象った“花雪”のピアスとリング、「叶結び」をイメージした“叶”のリング。バルマンの挑発的な豹柄ドレスに合わせても、スイートな印象をキープ。 ©Getty Images

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

プレゼンターを務めたルピタ・ニョンゴは、華やかなゴールドのワンショルダードレスで登場。編み込みヘアとともにさらに華やかさをプラスしてくれるのは、耳元に輝くニワカのホワイトゴールド×ダイヤモンドの“唐花”。想像上の花をモチーフにした同シリーズから、リングはピンクゴールドとイエローゴールドをチョイスして。重ねづけした“八重霞”も褐色の肌に映えて美しい。イヤリングとリングにスリーゴールドを巧みに配したセンスにも脱帽! ©Getty Images

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

ジュエリー使いはもちろん、クールなソバージュヘアや強めのメイクがとても新鮮! プレゼンターとして登場したジェニファー・ローレンスが選んだのは、ニワカのジュエリー。個性的なシェイプの“久遠”のイヤリングや“梅宴”のブレスレット、アメシストが瑞々しく輝く“睡蓮”のリングなど、ジェニファーならではの選択眼に注目したい。ドレスは、広告モデルも務めたディオールのもの。ブロンズ色のスパンコールがジュエリーのようにきらめいて。 ©Getty Images

READ MORE

第90回アカデミー賞

The 90th Academy Awards

永遠のドールフェイスとミステリアスな笑顔で魅了するアマンダ・サイフリッド。この日のチョイスは、デリケートな細工で魅了するニワカのダイヤモンドジュエリー。“白透”のネックレス、“唐花”のイヤリング、そして“花雪”のリングと、すべてホワイトゴールド×ダイヤモンドでまとめて。大ぶりの葉のモチーフが描かれたオスカー・デ・ラ・レンタのドレスに合わせ、色はモノトーンながら華やかでスタイリッシュなスタイルが完成! ©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

モデル出身のパーフェクトボディと往年の女優を思わせるクラシカルフェイスで人気上昇中。アビー・コーニッシュはニワカの色鮮やかなハイジュエリー“京ノ祭”をチョイス。ブルーサファイア、アメシスト、ガーネット、ピンクサファイア、ツァボライト、イエローダイヤモンド、ルビー……。何種類ものカラーストーンが「祭りの高揚感」を表すように曲線を描くイヤリングは、ドラマティック度No.1! リングにもカラーストーンを取り入れて個性をアピール。 ©Getty Images

READ MORE

第75回ゴールデングローブ賞

The 75th Golden Globe Awards

俳優で石油王の御曹司でもある夫のアーミー・ハマーとともに、セレブを地で行く私生活も話題のエリザベス・チェンバース。はっきりとした貴族的な顔立ち、優雅なスマイルを飾るのは、ニワカのジュエリー“八重霞”。日本古来のモチーフである「霞」を、ダイヤモンドとホワイトゴールドで表現したシャンデリアイヤリングとリングだ。ダークな瞳や髪の色、和服の帯風にまとったジョルジオ アルマーニのサッシュベルトの効果で、狙ったのはモダンなジャポニスム・スタイル? ©Getty Images

READ MORE

METガラ 2017 “川久保玲/アヴァンギャルド”

The MET Gala 2017 “Rei Kawakubo/AVANT-GARDE”

個性的な顔立ちのヘイリー・ベネットは、今年ブレイク必至! METガラでは“花”をキーワードに大胆な着こなしを披露。ビジューや金糸の花刺繍があしらわれたドルチェ&ガッバーナのドレス、大きな花コサージュモチーフのヘッドドレス、そして仕上げに手元を飾る花のジュエリーは、ニワカの“花麗”。パヴェダイヤモンドがちりばめられ立体的に重なる花びらが、ヘイリーのこの日のスタイルを盛り上げる。 ©Getty Images

READ MORE

第89回アカデミー賞

The 89th Academy Awards

今回のベストドレッサーと言えそうなのが、『Fences(原題)』で助演女優賞に輝いたヴィオラ・デイヴィス。ジュエリーは、燃え上がる火をイエローゴールド×ガーネットで表現したニワカの“京ノ祭”をトータルで投入。イヤリングは2個並べて着け、大ぶりのリングとブレスレットを右手に。クールなショートカット、アルマーニ プリヴェの上品な赤のドレス、褐色の肌、そしてオスカー像まで? 情熱的なイメージですべてを完璧にコーディネート。 ©Getty Images

READ MORE

第89回アカデミー賞

The 89th Academy Awards

プレゼンターを務めたフェリシティ・ジョーンズが選んだのは、ディオールのバレリーナ風チュールドレスとニワカのジュエリー。レッドカーペットで声を掛けられ、挙げた右手の中指と薬指には、時空の移り変わりを霞文様で表現した“八重霞”のリングがキラリ。耳元には永遠の命を象徴する“唐花”のモチーフが輝く。全身をヌーディカラーでまとめ、ジュエリーに日本情緒あふれる繊細なデザインを投入していて、とても新鮮! ©Getty Images

READ MORE

第89回アカデミー賞

The 89th Academy Awards

首元を艶やかに飾るのは、ニワカのダイヤモンドネックレス“唐花”。キュッとしまったウエストからドラマティックに裾が広がるドレスは、ディオール。華やかなのにどこか東洋的な静謐さも漂うキルスティン・ダンストは、他のセレブとは一線を画す存在感だ。ドレスの漆黒や素材感、ジュエリーのモチーフが、日本の礼服や着物を想起させるせい? すっかりベテラン女優に成長したキルスティンならではの、堂々とした着こなしに拍手! ©Getty Images

READ MORE

第74回ゴールデングローブ賞

The 74th Golden Globe Awards

TV映画『アニタ ~世紀のセクハラ事件~』でリミテッドシリーズ/テレビムービー部門女優賞にノミネートされたケリー・ワシントン。フローラルな総レースがとてもエレガントなドルチェ&ガッバーナのドレスに合わせて、ニワカの大ぶりイヤリングをセレクト。手の込んだ細工が美しいダイヤモンドが、ドレスのレースと呼応するようにハーモニーを奏でる。輝きを際立たせるため、ジュエリーはあえてイヤリングと薬指のバンドリングだけに留めて。ビジューを配したベルト風アクセサリーやヴィンテージ調クラッチが名脇役。 ©Getty Images

READ MORE

2016年パーティ総まとめ

Various Parties in 2016

アカデミー受賞の興奮も冷めやらぬ今年のMET GALAでは、まばゆいオーラで周囲を魅了したブリー・ラーソン。ジュエリーは敢えてリングだけにとどめ、ドレスも素材とディテール重視。タイトにまとめたヘアや深い赤のリップカラーと相まって、知性や風格を漂わせる。シックなジュエリーは彼女のステディブランド、ニワカ。ティアードスカートとリボンがポイントの輝くドレスはプロエンザ スクーラー。 ©Getty Images

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

ゴールデングローブ賞と二冠を達成し、絶好調のブリー・ラーソン。美しさにも磨きがかかる彼女が選んだのは、グッチのブルーのドレスと京都発ニワカのジュエリー。耳元には「ヴァーグ」のパールとダイヤモンドが優雅に揺れ、手元には「京小路」と「ブーケ」のリングが。ジュエリーと同じくらい輝く笑顔のスピーチに、客席は感動の渦。 ©Chris Pizzello/Invision/AP/Aflo

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

妊娠中にもかかわらず、スタイリッシュさ健在のプレゼンター、エミリー・ブラント。プラダのピンクのエンパイアドレスにニワカのジュエリーを合わせて。梅咲く庭をイメージした「梅宴」のイヤリングが揺れると、笑顔もパッと華やかに。「花雪」のブレスレットと「八重霞」のリング、ジュディス・リーバーのクラッチという手元コーデも完璧。 ©REX FEATURES/Aflo

READ MORE

第88回アカデミー賞

The 88th Academy Awards

作品賞に輝いた『スポットライト 世紀のスクープ』で、助演女優賞ノミネートのレイチェル・マクアダムスは、ニワカのダイヤモンドに夢中。「久遠」のロングイヤリングや、叶結びをモチーフにした「叶」のブレスレット、「八重霞」ほか6本のリング重ね着け。オーガスト・ゲッティのグリーンのドレスに映える、見事なジュエリースタイルを披露。 ©Chris Pizzello/Invision/AP/Aflo

READ MORE

2015年パーティ総まとめ

Various Parties in 2015

ニワカがロサンゼルスで9月1日に開催したイベント「ニワカ ファインジュエリーお披露目会」でディータ・ォン・ティースが身に着けたのは“KARAHANA”のヘッドアクセサリー。流れるように連なるダイヤモンドの東洋的な趣が、ディータの白い肌、黒髪、モノトーンのドレスにぴったり! Photos: Getty Images

READ MORE

第67回エミー賞

The 67th Emmy Awards

エミー賞でベストドレッサーの呼び声高し!話題作「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」の主演、テイラー・シリングは、ニワカの“花籠”シリーズのジュエリーをステラ マッカートニーのドレスに合わせて。リングはイエロー、イヤリングはホワイトダイヤモンドの可憐な花モチーフ。赤リップを効かせたフレッシュスマイルにスターの予感。 Photos: AP/Aflo, Startraks/Aflo

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

プレゼンターを務めたマーゴット・ロビーも注目の若手おしゃれセレブ。アフターパーティではニワカとルシエからさまざまなジュエリーをチョイス。“京小路”のブレスレット、“花雪”のイヤリング、さらに5本のリングを、ディオールのグラフィカルなドレスと上手にコーディネート。赤いリップとブロンドのボブもチャーミング! Photos: Getty Images

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

77歳にしてスタイリッシュな装いを披露したのは、2016年日本公開予定の『YOUTH(原題)』に出演中のジェーン・フォンダ。アフターパーティで選んだジュエリーは、最近、お気に入りの日本ブランド、ニワカのもの。ダイヤモンドが連なるイヤリングと“花麗”の艶やかなリングを、シースルーのオールインワンに合わせて。 Photos: Getty Images

READ MORE

第87回アカデミー賞

The 87th Academy Awards

話題作『Room(原題)』で2016年ゴールデングローブ賞の主演女優賞にノミネートされている女優&シンガーのブリー・ラーソン。続くオスカーでも注目の彼女が2015年のアフターパーティで選んだのは、ニワカのジュエリー。“花籠”のイエローダイヤモンドのリングと、ホワイトダイヤモンドのイヤリングが、ヘルシーな笑顔にお似合い。 Photos: Getty Images

READ MORE

ページトップへ